●かんべえの不規則発言



2021年10月 






<10月1日>(金)

○「岸田次期首相は、麻生副総理・財務相の首を取れるのか?」は、一部で注目を集めておりましたが、ちゃんと閣下のご納得をいただいたようです。

○ただしそのためには、@後任は俺に決めさせろ、鈴木俊一で頼むわ、Aそういやあ、幹事長は甘利さんだったわな、すまんな、Bで、俺のことは副総裁にしてくれるわけ?という大盤振る舞いでした。でも、この人が河野太郎さんを推していたら、結果がどうなっていたかわからんわけですから、ここまで礼を尽くすのもやむを得ないところでしょうかね。

○その一方で、次の財務相はたいへんです。再来週の15日からは、ワシントンでG20財務相・中央銀行会議とか、世銀IMF総会などがありますので、今ごろは慌てて準備を始めていることでしょう。

○自民党総裁選のその日には、「さいとう・たかをさんがすい臓がんで死亡、84歳」という報がありました。閣下がこよなく愛された『ゴルゴ13』の著者は、なんと9月24日に亡くなられていたのですね。連載は続けられるそうですが、そのうち「反原発派の総裁候補を消してくれ、と原子力業界から依頼されるゴルゴ」みたいなネタがあるかもしれません。

○おそらくは閣下としても、総裁選の日に報道に接して、何か感じるところがあったのかもしれません。次の選挙はまだ出るけれども、次の次は息子さんの番でしょうな。そういえば2Fさんはどうなんでしょ。今は「死んだふり」なのかもしれませんぞ。

○そういえば、わざわざこの日に併せたと言えば、「嵐」メンバーのダブル結婚もそうでしょうな。翌日のワイドショーのネタが固まっている日の前日を狙って発表するとは、マスコミ対応の上級者というべきでしょう。


<10月2日>(土)

○書店に立ち寄ったら、新刊コーナーに『空母いぶき Great Game』の5巻が出ていた。せっかくだから買おうと思ったが、うちにあるのは3巻までである。書店の店員に「4巻はどこにあるの?」と聞いたら、「ありません」と言われる。「お取り寄せになりますけど、いかがされますか?」

○一瞬、店員の目の前でアマゾンで発注してやろうかと思ったが、そういう嫌味が通じそうにない純朴そうな若い人だったので、やめておきました。しかし、こんなことしていると書店はどんどんつぶれるぞ。そんなことでいいのか、君たちは。

○どうでもいいことだが、ワシはこのシリーズに登場する柳沢律子首相のファンである。日本初の女性首相は、是非、こんな人だったらいいなあ、と思う。高市早苗さんや野田聖子さんでは、ちょっと困るかなあ。

○この柳沢首相、見かけが政策研究大学院大学の岩間陽子先生に妙に似ている。そういえば、ドイツの総選挙の結果分析などもじっくりお聞きしたいところである。「メルケルはねえ、あの人はもうダメっ!」みたいな声が聞こえてくるような。


<10月3日>(日)

○岸田内閣の組閣が進行中のようです。いろんな人の浮き沈みを見ているうちに、30年前のことを思い浮かべました。あのとき、ワシはワシントンDCにおったんだよな。でもって、こんな人たちと遊んでおったわけだ。今から考えると恐ろしい話である。


●林芳正さん:当時はウィリアム・ロス上院議員(デラウェア州選出・共和党)事務所に勤めていた。今も日米関係に資する活動を続けるマンスフィールド財団は、この時の林さんの立法作業によるものである。その後、ハーバード大ケネディスクールを卒業し、1995年に参議院議員に当選。以後、5回の当選と4つの大臣職を経て、とうとう総理を目指して今夏、衆院鞍替え出馬を決意。その覚悟は同じ宏池会の岸田文雄氏の背中を押して、今回の総裁選出馬に至る。

→30年ぶりに宏池会出身の総理が誕生したが、林さんは既に参議院議員を辞職した立場。まずは来たる総選挙、山口3区で勝つことが至上命題であります。


●斎藤健さん:通産省からSAIS大学院に留学中。帰国後は、2009年に衆議院議員に当選。農水相として農業改革に携わる。小泉進次郎氏が農業改革をやったとされているのは、斎藤さんが農林部会長をやった後の話ですので、話半分に聞いておいた方がいいです。

→今回は同期当選の進次郎氏とともに河野太郎氏を支持。あいにく時に利あらず。でも、実力は誰もが知るところ。今回の組閣でも名前が上がったとか?


●福田達夫さん:三菱商事からSAIS大学院に留学中。帰国後は商社の調査畑内でのおつきあいに。三菱商事を退社後は福田康夫内閣の総理秘書官を経て、2012年に衆議院議員に初当選。当選3回。

→今回は若手議員を集めて「党風一新の会」を立ち上げたことで注目度は赤丸急上昇。なんと岸田内閣の下で自民党総務会長に就任。今回の目玉人事ですな。


●西村康稔さん:通産省からメリーランド大学院に留学中。帰国後は石川県商工課長などを経て、2003年に衆議院議員初当選。2009年には自民党総裁選に出馬。2017年からは経済財政担当大臣。20年からはコロナ対策担当も兼務。最近は無茶苦茶忙しかったことと拝察します。

→今回は高市早苗氏の推薦人代表に。大臣はこれで一休みのようですが、コロナ担当は世間の注目を集める一方で、多くの人の恨みも買う仕事。あんまり長く勤めないほうが良かったのではないかと思いますぞ。


○ちなみに、いちばんよく遊んでいたのは大谷信盛氏(のちに民主党衆議院議員)と小林温氏(のちに自民党参議院議員)でありました。あの頃のワシントンの日本人サークルはつくづくすごかったんだなあ。往時を知る誰かと昔話をしながら、しみじみ飲み明かしたい気分であります。


<10月4日>(月)

○いやー、驚きました。10月14日解散(大安)は読み通りでしたが、10月31日が総選挙ですと。

○法律上は「解散から40日以内に総選挙を実施する」ことになっていて、本当に40日後だった例もある(2009年)。ところが今年の場合、解散から総選挙までが17日となる。これまでの歴史上で最短です。選挙の準備って、いろいろありますから、間に合うんですかねえ?

○いや、「人の話を聞く」岸田首相は、日程の決定では結構な蛮勇を振るう人だ、ということに感心したところです。閣僚人事では派閥の意見を聴き過ぎた感がありますけど、とにかく前例のない決定ができるというのは良いことです。

○解散が大安で公示と総選挙はいずれも仏滅、となると、これは2000年森内閣の「神の国解散」と同じパターンになりますね。あのときは、森内閣があまりにも不評だったので、自民党が議席を減らしたけれども、なんとか安定多数をキープした。今回もそんな感じですかねえ。



解散日 備考 六曜 内閣 命名 総選挙公布日 六曜 総選挙期日 六曜
1948年12月23日 *内閣不信任 先負 第2次吉田内閣 なれあい解散 12月27日(+4) 先勝 1月23日(+31) 赤口
1952年8月28日   友引 第3次吉田内閣 抜き打ち解散 9月5日(+8) 仏滅 10月1日(+34) 友引
1953年3月14日 *内閣不信任 大安 第4次吉田内閣 バカヤロー解散 3月24日(+10) 大安 4月19日(+36) 友引
1955年1月24日   先勝 第1次鳩山内閣 天の声解散 2月1日(+8) 先負 2月27日(+34) 赤口
1958年4月25日   先負 第1次岸内閣 話し合い解散 5月1日(+6) 先負 5月22日(+27) 先勝
1960年10月24日   先勝 第1次池田内閣 安保解散 10月30日(+6) 先勝 11月20日(+27) 大安
1963年10月23日   先負 第2次池田内閣 ムード解散 10月31日(+8) 大安 11月21日(+29) 先負
1966年12月27日   友引 第1次佐藤内閣 黒い霧解散 1月8日(+12) 友引 1月29日(+33) 赤口
1969年12月2日   友引 第2次佐藤内閣 沖縄解散 12月7日(+5) 先勝 12月27日(+25) 大安
1972年11月13日   大安 第1次田中内閣 日中解散 11月20日(+7) 赤口 12月10日(+27) 先負
1976年11月5日 *任期満了 先負 三木内閣 ロッキード解散 11月15日(+10) 友引 12月5日(+30) 大安
1979年9月7日   仏滅 第1次大平内閣 増税解散 9月17日(+10) 友引 10月7日(+30) 赤口
1980年5月19日 *不信任W選挙 先負 第2次大平内閣 ハプニング解散 6月2日(+14) 大安 6月22日(+34) 友引
1983年11月28日   先負 第1次中曽根内閣 田中判決解散 12月3日(+5) 友引 12月18日(+20) 先勝
1986年6月2日 *ダブル選挙 仏滅 第2次中曽根内閣 死んだふり解散 6月21日(+19) 先勝 7月6日(+34) 仏滅
1990年1月24日   先負 第1次海部内閣 消費税解散 2月3日(+10) 友引 2月18日(+25) 大安
1993年6月18日 *内閣不信任 友引 宮澤内閣 政治改革解散 7月4日(+16) 先勝 7月18日(+30) 先負
1996年9月27日 *小選挙区制 仏滅 橋本内閣 政策論争解散 10月8日(+11) 先負 10月20日(+23) 大安
2000年6月2日   大安 森内閣 神の国解散 6月13日(+11) 仏滅 6月25日(+23 仏滅
2003年10月10日   大安 第1次小泉内閣 マニフェスト解散 10月28日(+18) 先勝 11月9日(+30) 先勝
2005年8月8日   仏滅 第2次小泉内閣 郵政解散 8月30日(+22) 友引 9月11日(+34) 先負
2009年7月21日   先負 麻生内閣 政権選択解散 8月18日(+28) 先負 8月30日(+40) 大安
2012年11月16日   赤口 野田内閣 近いうち解散 12月4日(+18) 赤口 12月16日(+30) 友引
2014年11月21日   先勝 第2次安倍内閣 アベノミクス解散 12月2日(+11) 友引 12月14日(+23) 友引
2017年9月28日 *0増6減 仏滅 第3次安内閣 国難突破解散 10月10日(+18日) 仏滅 10月22日(+30日) 大安
2021年10月14日   大安 第1次岸田内閣 ?? 10月19日(+5) 仏滅 10月31日(+17) 仏滅



<10月5日>(火)

○『3月のライオン』の最新刊が出ていたので思わず買ってしまった。これが16巻目である。

○連載が中止していた期間があり、しかも物語がなかなか前に進まないこともあって、ここに描かれている将棋界はあまりにも古色蒼然としているように思える。将棋連盟会長は今も元気な昭和のオヤジで、これはどう見ても米長邦雄永世棋聖がモデルである。強過ぎる宗谷名人は、もちろん羽生さんがモデルである。しかるにヨネさんは既に亡く、羽生さんも今や衰えを見せている。そして何より、5年前くらいから「AIの方がプロ棋士よりも強い」という哀しい事実が知れ渡るようになってしまった。

○そういえばこの漫画が始まったのは10年以上前のことであった。その頃の将棋界を元に描かれているので、棋士は孤独な存在であって、正解のない世界で最善手を求める勝負師として描かれている。しかるに今では「AIの評価値」という尺度ができていて、「棋士が最善手をソフトに教えてもらう」とんでもない時代になっている。今や将棋研究とは、暗記力の勝負になっているのだそうだ。いや、これは恥ずかしくて漫画には描けませんわなあ。

○そして何より、今の将棋界は藤井聡太三冠の独壇場となっている。本来であれば、『3月のライオン』の主人公、桐山零くんがその地位を占めるべきなのであろうが、何しろ藤井三冠の強さが常軌を逸しているので、それをフィクションとして上書きしようとすると、読者からは「こんな想定はあり得ない」と変な反発を受けてしまうだろう。いやはや、現実がフィクションをはるかに超えてしまっているのである。

○ひとつだけ良かったのは、「うつ病九段」になっていた先崎学さんが復活していて、コラムを寄稿していることである。うーむ、やっぱり、これがあってこその『3月のライオン』だよね。というか、世の中でうつ病に苦しんでいる少なからぬ人たちにとって、先崎九段のケースは福音といっていいでしょう。

○と、ここで話はガラリと変わるのだが、ジェームズ・ボンド「007シリーズ」の最新作"No Time to Die"の上映が始まっているようだ。少し前に、アマプラで同シリーズの最初の3部作を見てみたのだが、なにしろワシが生まれた頃の作品だけあって、今見るとかなりひどいのである。


第1作:『ドクター・ノー』→登場する黒人はすべからく使用人、もしくはギャングである。登場人物はひっきりなしにタバコを吸う。いや、1960年代のアメリカは実際にそうだったのだけど、今見るとやっぱりギョッとする。

第2作:『ロシアより愛をこめて』→昔、見たときには「なんという名作!」と感動したのだが、今見ると前半にロマ族(ジプシー)の差別ネタが入っている。テレビ放映するとしたら、この部分はバッサリ落とした方がいいだろうね。

第3作:『ゴールドフィンガー』→日系人ハロルド・坂田演じる悪役の怪人オッドジョブは、東洋系に対するステロタイプの典型というべきで、これも今なら一発アウトであろう。いや〜1960年代は野蛮な時代だったのである。


○ということで、半世紀もたつと「あの時期はこんなことをやっていたのか!」がわからなくなってしまうのである。将棋界はほんの10年でガラリと変わってしまったが、世の中全体も半世紀前のことになると、現代人の想像を絶するようなところがある。まあ、それはそれとして、第4作の『サンダーボール作戦』も見てみようかなあ。


<10月6日>(水)

○成人病検診を受ける。最近、ちょっと腹筋運動をさぼりがちだったら、昨年よりも腹囲が2センチ増えていた。かくてはならじ。体重と体脂肪率は増えてないんですけどねえ。

○視力検査はなぜか前年比で改善。いや、遠くは見えているんですけど、近くが見えんのです。最近はとにかく細かい字が辛いです。どうしても読書量が減りますねえ。

○血圧も改善著しいものがあります。これは薬の効果でありますので、手放しで喜べるようなことではありませぬ。とりあえず薬が効く、というのはめでたいことです。

○この2年くらいは風邪ひとつひいておりませぬ。酒量はやや増え気がします。家の中で飲んでいると、ついつい歯止めがきかなくなりますので。

○それにしても昨年の成人病検診から、あっという間に1年が過ぎてしまったという感が否めない。これは年のせいだろうか、それともコロナのせいもあるのだろうか?


<10月7〜8日>(木〜金)

○内外情勢調査会の講師の仕事で函館市へ。いやあ、久しぶりの出張です。

○7日の夕方に全日空便にて函館入り。羽田空港でマイレージを記録しようと思ったら、なんと持ってきたのはJALカードであった。いくら久しぶりだからと言って、われながらなんというお間抜けな。ややあって、番号を入力すればマイレージが記録できることが判明。やれやれであります。

○現地入りすると雨である。マジで寒いのである。それでもホテルにチェックインして、時事通信の支局長さんから現地の情勢を伺う。いやはや、こういうのが楽しいのでありますよ。函館市の感染者数はこのところずっとゼロ人なんだそうだが、皆さん、義理堅くマスクをしておられる。こういうところがいかにもニッポンである。

○と、このまま夜の街に繰り出せるかというと、締め切りが控えているのでそうもいかない。結局、深夜12時までかかってしまう。東洋経済に原稿を送ってホッとしたところで、え?関東地方じゃ地震があったのですか?知らんがな、ワシは。

++++++++++++++++++++++++

○函館市に来るのはこれが3回目である。ゆえに函館山からの夜景だとか、五稜郭タワーだとか、函館朝市の海鮮丼だとか、一通りの観光は済んでいる。さて、何を見ようかと考えたら、「土方・啄木記念館」があるようだ。土方歳三は函館で死んだし、石川啄木は夫人とともにこの町の外れにある立待岬に葬られている。そして二人とも『ゴールデンカムイ』の登場人物である。これは行かねばなりますまい。

○途中までは市電で行って、途中からは歩いてみた。かなり距離はあったけれども、青函海峡を望む海沿いの道は感動的であった。今日は天気が良いので、それこそ向こう岸、下北半島の大間が見えてしまう。それこそ夜には、建設中の大間原発の明かりが見えることもあるのだとか。

○ということで、記念館にて800円也を支払い、土方歳三、石川啄木の記念品に囲まれて短い時間を過ごす。この記念館、元は啄木記念館だったのだが、NHK大河が『新選組!』を取り上げたときに、土方歳三も加わったらしい。そういえば、もうじき映画版の『燃えよ剣』が封切りになるはずである。

○ゴールデンカムイは27巻まで出ているのだが、これまでのところ小樽→札幌→夕張→旭川→大雪山→釧路→根室→網走監獄→樺太編、と舞台が変わっている。ワシはまだ読んでいないのだが、連載中の部分でとうとう函館が登場するらしい。すばらしい。やはり五稜郭は欠かせないですよ。

○ということで、コロナが終息して、再び多くの観光客が函館に戻ってきて「聖地巡礼」してくれることを心から望むものである。まあ、インバウンドの復帰はもちょっと時間がかかるでしょうな。講演会の仕事の方は可もなく不可もなく。

○戻りの飛行機が東京都上空を通るコースだったので、滅多にない景色に興奮する。いやあ、新宿の高層ビル街を上から見るのは感動でした。今日は窓際の席で大正解でありました。

○そうそう、本日で61歳になりました。多くの人からのお誕生日メッセージに御礼申し上げます。


<10月10日>(日)

○函館の余韻があるものだから、司馬遼太郎『燃えよ剣』を読み始めてしまった。探せばちゃんと家の中にあるはずなのだが、せっかくなので新潮文庫で新しいヤツを買ってしまう。なにしろ来週には、映画版が封切りされるということで、書店の入り口に並んでいたからである。

○土曜の午後から日曜の昼まで読書に熱中したもんだから、竜王戦の第1局をやっていることをすっかり忘れていた。藤井三冠が逆転勝ちしたそうだが、それは大谷翔平のホームランと同じで、見れば確実に感動するのだろうけれども、今さら珍しいことではなくなっている。それに引き換え、1960年代に書かれた小説を1980年代に読んで感動し、2020年代に読み返して熱くなれるというのは、そっちの方がすごいことではあるまいか。

○ともあれ、若い頃に感動した小説を年をとってから読み返すと、昔とは違うところに感心するものである。

○まず、鳥羽伏見の戦いの記述が長い。土方歳三は薩長軍の軍事的イノベーションに驚いて、そこからフランス式の兵法を身に着けて大胆に変身を遂げていく。北海道に渡った時点では、見かけも戦法もまるで別人になっている。それでも最期は「新選組副長 土方歳三」と名乗って討たれ、倒れる。そもそも彼が死んだのは、池田屋事件からわずか5年後のことなので、この間、まことにすさまじい時勢の変化であったと言えよう。

○それから沖田総司が登場するシーンが多い。彼のことを「天才剣士」として日本史有数のスターにしてしまったのは、司馬さんの筆力によるところが大であるから、これはまぁ当たり前の話である。沖田総司は常に土方の視線を通して描かれていて、「この男はどんな斬り方をするのか、返り血もあびていない」というくだりなど、あまりにも描写が上手過ぎる。

○もうひとつ、本作のヒロイン「お雪」が、前巻の終わりごろになってやっと登場することに意表を突かれる。あれえ、そうだったっけ。「お雪」はもちろん創作上の人物だろうけれども、女性があまり出てこない司馬作品においては、めずらしいくらい鮮烈な印象を残している。司馬さん、きっと物語の序盤で歳三をいろんな女性と関係させながら、「死ぬ間際にはどんな女性と会わせたらよいか」と想を練っていたのであろう。

○それにしても「サンケイ新聞」に『竜馬がゆく』を連載しながら、「週刊文春」では『燃えよ剣』を連載していたというのだから、司馬さんの仕事量はつくづく凄い。先般、亡くなられたすぎやまこういち氏が、ドラクエシリーズだけでなく、JRAのファンファーレやG1レースの入場曲(グレート・エクウス・マーチ)も作っていたようなものである(本日は東西のG2レースでしたが、ちゃんと使われておりましたぞ)。

○てなわけで、昭和の人たちの仕事にはつくづく脱帽しなければならない。単に歴史上の真実を求めるのなら、時代が立てばたつほど新しいことがわかってくる。過去の誤りはどんどん訂正されていく。『燃えよ剣』にはきっと多くの間違いがあり、司馬さんが勝手に史実を曲げちゃった部分があるはずだ。まあ、いいんですよ。小説なんだから。

○その一方で、司馬さんがこの物語の下調べをした頃には、武州多摩地区に行くと「府中明神の祭りに行くときは、若い衆が青竹をササラにしたものをもって、マムシを追いながら行く」ような野蛮さの名残がまだあったそうである。今の日野市には、そんなものはないでしょうなあ。司馬作品が掘り起こしてくれなかったら、「新選組に関する物語」は永遠に埋もれていたかもしれない。これはもう感謝しなければなりませぬ。

○そして時代はどんどん変わっていくから、幕末に徳川慶喜がなぜ敵前逃亡したのか、「逆賊」になることをなぜあんなに恐れたか、が分かりにくくなっていく。今じゃ足利尊氏はそんなに悪人とは思えないし、楠木正成なんて誰それ?だろう。ところが、単純に喧嘩師として筋を通した土方歳三の生涯は誰が見ても分かる。そしてカッコいい。だから映画化もされるのであろう。

○ところが、これで今週末あたり映画を見に行くと、ものすごーくガッカリするんだろうなあ。願わくば新選組の面々は、『仁義なき戦い』に出てくるような昭和の肉食系俳優さんたちに演じてもらいたいものである。


<10月11日>(月)

○最近の虎ノ門周辺では、ランチの際の人気店の行列が復活している。それもまあ、むべなることかな。都内の新規感染者数が2ケタになっているのだから。佳きかな、めでたいかな、せいぜい今のうちに楽しんでおきましょう。2カ月後に都内がどうなっているかはわからないのですから。

○弊社が入っている飯野ビルのお隣にできた日比谷フォートタワーには、なんと低層階にJRAが入っていることが判明。まあ、もともとWINS新橋があった土地ではあるのだが。引っ越してくる際に、ワシに一言くらい挨拶があっても良いのではないか。毎週、貢いでいるのだから。

○そういえば日比谷線に新しくできた「虎ノ門ヒルズ駅」は、固有名詞がそのまま駅名に化けためずらしい例であろう。そもそもカタカナを使った駅名自体がめずらしい。これは「高輪ゲートウェイ」という先例ができたから可能になったのではないのか。

○ともあれ、平常への回帰は日本中で進んでいて、それが出勤先にも及んでいることを嘉したいものである。


<10月12日>(火)

○先週末、いつものようにクリーニング屋に行ってワイシャツを出したら、なんと5枚もあった。つまり毎日、都内へ出かけていたことになる。こんなことはいつ以来だろうか? というか、コロナ感染が弱まると、途端に忙しくなるようである。

○たとえマスクをしながらではあっても、人と会うのは楽しいし、勉強になるものである。まだまだ、おっかなびっくりではあるのですが、今日もリアルによる貴重な情報と意見交換の機会に感謝。

○で、本日頂戴した本のご紹介。


●大下流国家 「オワコン日本」の現在地 三浦展 光文社新書


――久しぶりに接する三浦節である。昔々、パルコにインタビューに出かけて行って初めて会った際に、当方が羽生善治さんの話をした(今の藤井三冠状態だった)、ということを三浦さんがちゃんと覚えていた。お互いにまだ若かったですなあ。


●自生地 福田若之 東京四季出版


――俳句の出版社に転職されたAさんから頂戴しました。パッと開いた瞬間にすごい才能です。 「梅雨の自室が老人の死ぬ部屋みたいだ


○こういう何気ないことからヒントをもらう。犬も歩けば棒に当たる、というのが世の中でありまして、コロナで人々が逼塞しているとそれが難しい。


<10月13日>(水)

○10月版のWEO(世界経済見通し)が出ました。今回のテーマは"Recovery during a pandemic"(パンデミックの中の回復)でありました。世界経済の見通しは心持ち下方修正されただけですが、かなり危機感は強まったように思えます。最近のタイトルの変遷は下記のとおりです。


2020年
1月 Tentative Stabilization Sluggish Recovery?     +3.3%(20)→2.4%(21)
4月 The Great Lockdown                  ▲3.0%(20)→5.8%(21)
6月 A Crisis Like No Other, An Uncertain Recovery  ▲4.9%(20)→5.4%(21)
10月 A Long and Difficult Ascent             ▲4.4%(20)→5.2%(21)

2021年
1月 Policy Support and Vaccines Expected to Lift Activity ▲3.5%(20)→5.5%(21)→4.2%(22)
4月 Managing Divergent Recovery                ▲3.3%(20)→6.0%(21)→4.4%(22)
7月 Fault Lines Widen in the Global Economy         ▲3.2%(20)→6.0%(21)→4.9%(22)
10月 Recovery during a pamdemic               ▲3.1%(20)→5.9%(21)→4.9%(22)


○前回の7月WEOでは、先進国はワクチン接種が進むので脱コロナが進む、途上国はそうはいかないので「分断線」(フォールトラインズ)ができる、という見方でありました。格差の拡大が心配だけど、先進国はアップサイドリスクもあり、という感じでしたね。ところがその後、欧米でもかなりデルタ株の感染が流行ったし、アメリカなどではワクチン忌避もあるので、どうもそんなに簡単じゃないぞ、という大局観のようです。

○とくにこの夏以降のインフレは要注意ですね。日本でもとうとうガソリン価格がリッター当たり160円台になっているとか。加えて中国経済の動向が心配です。恒大集団とか電力不足とか。これ、習近平よ、しっかり仕事をしないといかんぜよ。ということで、世界経済全体としてはダウンサイドリスクの方が高そうです。

○個別に見ると、東南アジア経済の下方修正がきついです。これは日本経済にとっても大問題であります。円安の進行も併せて、いや〜な感じが漂い始めているようですね。


<10月14日>(木)

○衆議院が解散となりました。夕方からちょっと外出して、帰ってきてみたらちゃんと小学校の前に「衆議院選挙」と「柏市長選挙」の看板が立っていました。これで来週19日には公示なんですから、いやもう早いです。

○柏市長選挙は本来は11月に予定されていたもの。10月の首長選挙を後にずらすのは簡単だけど、11月の首長選挙を前倒しするのはきっとたいへんだったはず。日本の国は、こういうところがしっかりしてますねえ。

○不思議なことに、今回の解散は「任期間際解散」ですし、本来は「追い込まれ解散」であるはず。ところが首相が岸田さんに代わり、その岸田さんが「10月31日総選挙!」と無理目の日程を決めたら、いかにも「総理が解散権を行使した」感じになった。これが菅首相のままだったら、今ごろはボロカスに言われていたはずなのですが。

○面白いもので、岸田内閣の支持率は確かに高くない。しかるに不支持率も高くない。本人のキャラが地味なので、「安倍麻生の影響下にある」「甘利幹事長がケシカラン」といった批判はあるけれども、ご本人を咎める声があまり聞こえてこない。ステルス総理なので、大きく勝ちもしないが、大きな負けもなさそう。ということは、これで野党は7連敗ということになるのではないか。

○ところでワシは「将棋連盟LIVE中継アプリ」を使って日々の対局を見ているのだが、これの設定を変えると対局中のAI評価値が出るようになるということを教わった。いや、これはスゴイ機能である。しかも20〜30手先の読み筋まで教えてくれる(→後記:対局者の名前の上に指を乗せると、AIの読み筋が表示されます。オバゼキ先生がわざわざ尋ねてきたので、ここに追記しておきます)。NHK将棋トーナメントも、評価値が出るようになってからまるで見方が変わってしまったが、これは嵌まりそうな予感。


<10月15日>(金)

○最近の読書からのメモ。萩原淳『平沼騏一郎〜検事総長、首相からA級戦犯へ』(中公新書)から。


平沼はイギリスの養老院を尋ねた際、社会的地位の高い人でも親を養老院に入れることに疑問を持った。養老院の院長に、日本の家族制度では社会的地位や収入がある人は親を養う責任があると説明したところ、「個人主義が行き過ぎた」と答えたと回想する(『回想録』)。平沼はこうした経験から個人主義に批判的な印象を持ったと言えよう。

また、平沼はイギリス滞在中、小村寿太郎駐英大使(のちに外相)と会い、次のような話を聞いたという。西欧諸国が条約改正の際、日本の法律を西洋流にすることを要求し、「屈辱の状態を脱するため、欧州各般のものを取り入れた。これはよくないが止むを得なかった。今度君は帰ったら、条約改正をしたのだからかまうことはない。ドシドシ日本流に直してよい」、と。平沼は小村について、「とにかく見識があった人」と高く評価する(『回想録』)。


○なるほどなあ。明治の政治家にとって、「条約改正」は非常に優先順位が高い課題であった。そのためにはずいぶんと無茶もした。「鹿鳴館」のダンスパーティーなんぞはその典型だ。しかるに目標が達成されると、今度は反動が出る。過度な西欧化のバックラッシュが始まる。平沼騏一郎も今は「反動の人」ということになっている(「欧州情勢は複雑怪奇」の方が有名だろうが)。

○やっぱりねえ、無茶はいかんのですよ。「脱・炭素」なんかもそうだと思いますよ。なぜならバックラッシュのときに、これもまた行き過ぎてしまうのです。今月末のG20とCOP26には、岸田首相だけでなく習近平国家主席も欠席の意向だとか。そうそう、これだけ石油価格が上昇しているんだから、この問題を仕切り直しして、もう少し穏健化するチャンスだと思うものです。


<10月16日>(土)

○本日は「007 No Time to Die」へ。

○ううむ、ビミョーな映画である。なんで164分(2時間44分)もかけたんだろう。過去の作品との整合性を取ることに疲れ果ててしまったのだろうか。とりあえず5本の作品でジェームズ・ボンドを演じたダニエル・クレイグさんに、お疲れさまと言っておこう。やっぱり「スカイフォール」が頂点だったかねえ。

○個人的には、英国海軍が日本近海までやってくる、という設定に「らしいなあ」と感じました。なにしろEUとはもう離婚したのだから、狭い欧州には住み飽きた、英国は太平洋に出てくるしかないのであります。だから空母を派遣するし、CPTPPへも加盟を申請するし、英米号でAUKUSを組んだりするわけです。

○それ自体は悪いことではなくて、どうせEUの中に留まっていてもいいことなんてないんだから、海賊の子孫たる英国人は、やはり七つの海を越えて活動すべきなのである。いやもう、是非、そんな風であってほしい。日本からもエールを送りたいところである。


<10月17日>(日)

○仕事を抱えているので、今日は秋華賞も片手間状態である。ひとつはあっけなく終了、もうひとつがなかなか終わらない。

○午前中に「将棋の時間」を片目で見ていると、先週に引き続いて終盤に大逆転劇である。いやあ、AIの評価値さえなければ、見ている側はわからないんですけどねえ。棋士が「一手バッタリ」の悪手をやらかした瞬間に、それが視聴者に分かってしまうとは、つくづく罪な仕掛けである。とはいえ、これで画面から目が離しにくくなった。いつ数値が動くか分からないからである。

○で、将棋界においては、こんなクラウドファンディングが進行中なのですね。


●将棋を次の100年へ 新将棋会館建設プロジェクト(第1期)


○東京と大阪の将棋会館を、同時に建て直す計画が進行中なのだそうです。「6年かけて6億円」という目標は、大胆なのかつつましいのかちょっと見当がつきにくいが、これからも将棋文化を維持・発展させるためには、ファンがそれくらい出してあげないと悪いでしょ、という気がする。

○寄附に応じてくれた人への「ご褒美」が、いろいろ工夫されていて面白い。「羽生善治九段特別指導対局権」金3,000,000円也(1人)は、既に完売となっている。ううむ、どんな人が落札したんだろう。「木村一基九段による特別解説会」金100,000円也(10人限定)も完売である。

○まあ、ワシ的には税控除対象コースで、小さく応援してみようかなあと思案しているところであります。


<10月18日>(月)

○ワシは1年の中でこの10月がいちばん好きだ。自分の誕生日があるから、というのはさておいて、やはり季節は秋がもっとも落ち着く。旨いものも多い。天ぷらもいいが、寿司も良い。コロナが明けたお陰で、ぽつぽつ外食ができるというのが、今月のいちばんのご馳走である。

○とはいうものの、昨日、ホットカーペットを出しながら思ったのだが、やっぱり10月はこれがあるからなあ。寒くなるから、いろいろ準備をしなければならないのだ。つまりは季節の変わり目ということである。

○夏物のスーツやジャケットも、クリーニング屋に出さなければならない。代わりに冬物のジャージを取り出したら、変な虫がついていたらしくて足を刺されてしまった。もしくは服に、防虫剤の匂いがついていることもある。まあ、しょうがないよね。この季節においては、「あるある」の現象である。

○ところが近年のこの国は、気候変動のせいもあるのか、夏が終わるとすぐに冬が来て、冬が終わるとすぐに夏が来るみたいである。ところが今年はちゃんと秋が来ている。結構なことである。石油価格が上がったくらい、気にすることはない。あんなもの、ESGさえ止めればすぐに落ち着くはずである。

○ちなみに明日は香川県高松市に出没する予定です。四国も久しぶりだなあ。とりあえず讃岐うどんを2回は食べたいと思うところである。











***先月に戻る






編集者敬白





●不規則発言のバックナンバー

2021 2020 19 18 17 16 15 14 13 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 00 99
  20年12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月
  20年11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月
  20年10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月
21年9月 20年9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月  
21年8月 20年8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月  
21年7月 20年7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月  
21年6月 20年6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月  
21年5月 20年5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月  
21年4月 20年4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月  
21年3月 20年3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月  
21年2月 20年2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月  
21年1月 20年1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月  

溜池通信トップページへ

by Kanbei (Tatsuhiko Yoshizaki)