●かんべえの不規則発言



2016年7月 






<7月22日>(金)

○トランプ現象と今回の共和党大会については、もう散々書いてしまっているのだけれど、もう少しだけ追加。おそらくトランプ氏自身は、今回の大会をこんな風に受け止めているんじゃないかという妄想。

(1)「悪名は無名に勝る」を普段から実践しているだけに、「メラニア夫人の演説盗作事件」や「テッド・クルーズが支持を明言せず」は、「これで共和党大会が注目されたからラッキー!」と思っている。だからスピーチライターは"You're fired!"にはならないし、テッドに対しては"No big deal!"と太っ腹なところを見せる。

(2)それよりも今回の党大会では、自分の息子や娘がいいところを見せてくれたので、家族愛の強いパパとしては大満足である。特に大統領候補受諾演説の直前に登板させた長女イバンカのパフォーマンスは、「さすがワシが後継者と見込んだだけのことはある」。

(3)副大統領候補に選んだマイク・ペンス知事については、「まあ、あんなものだろ」。自分が大統領(=CEO)になった暁には、政策や議会工作などの実務は全部副大統領(=COO)に丸投げし、自分は今まで通り好き勝手なことを吼えていればいい。でもまあ、外交ってやつを少しくらいはやってみともいいかな、と。

(4)それにしても、1時間15分はちょっとしゃべり過ぎたかな。今日は珍しくテレ・プロンプターというやつを使ったが、あれをやるとついつい演説が長くなってしまうわな。まあ、いいや、大統領就任演説のときは、もう少し短くまとめることにしよう。

トランプ氏のツィッターを見ていると、だんだん彼の気持ちが分かるような錯覚に陥りそうで怖いです。


<7月24日>(日)

○民主党の副大統領候補はティム・ケイン上院議員。ヒラリーらしい、まったく冒険のないストレートな決定でありますな。そういえば、共和党のマイク・ペンス知事も、7月4日にワシがここで予言した通りではないか。こういうことなら当たるんだよな。なぜ、競馬はこんなに当たらないのだろうか。

○土曜夜は「Bizストリート」に出演。ゲストは星野リゾートの星野佳路代表。実はこの人も1960年生まれで、播摩キャスターと3人併せて同じ年であることが判明。星野氏「実は明日からニュージーランドにスキーをやりに行くんです」。かんべえ「そういえばわれわれの世代は昔、よくスキーをしましたなあ」。播摩氏「今でも毎年1度は行ってます。でも若い連中からは、『もうバブルじゃないんですよ』と言われます・・・・」。その場に居た皆藤アナのご両親が、やっぱりスキーがご趣味とのこと。これが世代間ギャップか。

○英国のBrexit騒動から今日で1か月。英国経済は落ち着きを見せ始めた。たぶんロンドンも「海外企業が総脱出」とはならないのであろう。それというのも、英国経済が市場メカニズムに忠実であるから。逆に規制の多い大陸経済の方が、これからは苦難の道を歩むのではないか。差し当たってはイタリアの不良債権問題が危なっかしい。曲がったバナナやキュウリがどうのこうのと言っている経済は、そうでない経済よりも劣るということです。

○東京都知事選は投票日まであと1週間。このところは鳥越氏が失速気味で、「小池・増田氏競り合い」とのこと(読売新聞)。どっちが勝ってもいいから、それより脱力さんが何万票取れるかが気になりますな。とりあえず4位だったら、褒めてあげたいと思います。


<7月25日>(月)

○今週はフィラデルフィアで米民主党大会が開かれています。日程はこちらをご参照。主要なスピーカーだけを紹介しておきましょう。

●7月25日(月) バーニー・サンダース上院議員、ミシェル・オバマ大統領夫人

●7月26日(火) ビル・クリントン元大統領

●7月27日(水) ジョー・バイデン副大統領、バラク・オバマ大統領

●7月28日(木) チェルシー・クリントン(長女)、ヒラリー・クリントン大統領候補

○すごいですね、毎日、千両役者が登場します。ここには出ていませんが、たぶんティム・ケイン副大統領候補は水曜日が出番になるでしょうね。

○共和党とは違って、党内の結束をぶち上げる党大会を目指しているわけですが、ところがそんな最中に「民主党委員長のデビー・ワッサーマン=シュルツ女史が大会終了後に辞任する」との報道が流れている。なにしろ彼女はヒラリーの長年の盟友であったから、サンダース候補を妨害してヒラリーを勝たせようとしていた、という内部告発があったから。民主党内部も容易ならざる亀裂を抱えているといえましょう。

○民主党のプラットフォームはこのページからダウンロードできます。あんまり真剣に読む気がしないんですが、「ドナルド・トランプはこんなことを言っている。それに対して我々はこう考える」というくだりが一杯出てきます。数えてみたら、"Donald Trump"という単語が全体で31回も出てきます。こういうのもちょっとどうかな、と思いますね。まあ、詳しい話はおいおいやりましょう。


<7月26〜27日>(火〜水)

○昨日の相模原のような事件があると、しばらく何も書きたくなくなってしまうものですが、とりあえず1日は喪に服したからということで、気を取り直して妄言を再開いたします。

●民主党大会ではサンダース支持者の動向が不気味。「Bernie or Bust」とか言っていると、トランプ大統領が誕生してしまうのだが。つくづくリベラル政党の左派の人たちは、保守政党以上に身内の中道派を嫌うものらしい。

――我が国においても、民進党のコアな支持者は前原誠司、細野豪志あたりを嫌ってるからなあ。でも、鳩山、菅よりも野田元首相の評価が低いのは、さすがに変だと思うぞ。

●「ポケモンGoで当社は儲かりません」という正直な発表により、任天堂の株価が沈静化。あれはあくまでもアメリカのベンチャー企業の成功であって、日本企業がそんなに喜ぶような話じゃございません。

――意外と儲かるのは充電器の会社だったりして。故事にいわく、「ゴールドラッシュのときにいちばん儲けたのはジーンズを流行らせたリーバイスであった」と。

●フランスワインに関するメモ。ブドウ畑の面積が79万ha(ほぼ静岡県に匹敵)。生産人口が7万人。年間約500万klを生産し、うち3割に当たる140万klを輸出している。輸入はその半分の70万kl。

――ところがこれを金額ベースに直すと、輸出が1億円で輸入は800億円、つまりものすごい貿易黒字を稼いでいることになる。AOCという認証制度があるのも、なるほど納得であります。

●英国のARM社買収に3兆円を投じる孫社長、「今の4Gが5Gになったら今のケータイはなくなってしまう!」てな焦りを感じているのか。でも、真面目な話、IoTって全然おカネの匂いがしないんですけどねえ。

――ソフトバンクというその名の通り、ヤフーやアリババでは大儲けしたけど、スプリント社などハード関係の投資はうまく行っていないという噂も聞きますぞ。

●中国飯店の富麗華は、六本木店に比べて段違いに旨いです。まあ、確かにお値段も張りますが、優に香車一枚以上は違いますな。

――ということで、今宵はらくちんさんほかと将棋談義でした。二次会は馬尻でした。

●明日発売予定の週刊文春と週刊新潮が、ダブルで新たな鳥越ネタを掲載している模様。残り3日間の東京都知事選は、鳥越票が誰のところへ流れるかが焦点になりましたな。

――ネット上では、2014年8月15日にNHKが放送した「いまニッポンの平和を考える」という討論番組での鳥越さんの暴走ぶりが注目されているとのこと。当方も、「あれでお前の顔見たよ」などといわれております。


<7月29日>(金)

○本日は盛りだくさん。民主党大会の最終日+日銀の金融政策決定会合+経済指標の集中公表日。でも、今宵は山崎元さんぐっちーさんとともに競馬談義。オバゼキ先生は、残念ながらBSフジに呼ばれてしまいました。

○本日の金融政策決定会合について、オバゼキ先生は「日銀は死んだ!」とお怒りである。でもワシ的には、本日の決定はまことに合理的なものであって、「ない袖は振れない」けど、金融政策は続けなければならないし、あんなものでよかったんじゃないかという気がします。下手にマイナス金利を拡大すれば、銀行の経営を直撃する。国債買い入れ額を増やせば、財政節度が危うくなる。「ヘリマネ」はもとより暴論。そして中央銀行への信認ということでいえば、申し上げにくいことながら、もともとかなり揺らいでおったわけでありますし。

○民主党大会の最終日、ヒラリーさんは為すべき仕事を無事に終えたと思います。民主党大会は、初日にバーニー・サンダースとミシェル・オバマ、2日目にビル・クリントン、3日目にバラク・オバマ、ジョー・バイデンといった千両役者が登場し(同じ日に登板したティム・ケイン副大統領候補はお気の毒でした)、聴く側としてはかなり「お腹がいっぱい」状態であった。これでなおかつ、大統領受諾演説が大向こう受けを得るというのは至難の業であったのではないか。彼女はある日突然、100点以上を取る人ではない。むしろ地道に90点を目指すタイプである。「ホームランか、三振か」というオバマ治世の次においては、これは真っ当な選択肢ではないかと思います。

○本日発表の経済指標では、鉱工業生産が意外な復調を遂げている。経済産業省の7月、8月の予測値は驚くほど高い。この通りで行くと、8月には久々に100を超えることになる。(100を超えたのは昨年1月以来)。これなら8月15日予定の4-6月期GDP速報値も、たぶんプラス成長と受け止めていいのであろう。雇用情勢もますます改善し、失業率は3.1%、有効求人倍率は1.37倍。全都道府県で1倍を超えました。これは労働供給量の限界を示すものでもありますが、これで賃上げが起きなかったらやっぱり変ですよ。

○と、その辺のことは棚上げして、一口馬主の達人、H師から奥義を伺う。なにしろステファノスとマリアライトとルージュバックを保有されているというから、とてつもない成功を収めておられる。が、せっかく拝聴した貴重なノウハウを、こんなところで他人に教えるわけにはいかぬ。いや、面白かったとだけ言っておこう。














***月初に戻る









編集者敬白





●不規則発言のバックナンバー

2016 2015 14 13 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 00 99
  15年12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月
  15年11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月
ベトナム
  15年10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月下
NZ
10月上
10月 10月下
NZ
10月上
10月
  15年9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月  
  15年8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月下
台湾
8月上
8月 8月  
16年7月 15年7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月  
16年6月 15年6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月  
16年5月 15年5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月  
16年4月 15年4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月  
16年3月 15年3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月  
16年2月 15年2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 ASEAN
2月
 
16年1月 15年1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月  

溜池通信トップページへ

by Kanbei (Tatsuhiko Yoshizaki)