●かんべえの不規則発言



2019年4月 





<4月1日>(月)

次の元号も「しばらく使われていない頻出漢字」+「初登場、もしくはそれに近い漢字」の組み合わせと予想するのが自然ではないかと考えます。


溜池通信の前号で書いた上記予測は、半分だけ当たってましたね。元号初登場の漢字は「令」でした。気がつきませんでしたねえ。Rの発音は新鮮な気がします。似たような漢字で「玲」とか「伶」とかもありますが、これがいちばんスッキリしておりますな。

○頻出漢字の方は意表をついて、「昭和」で使ったばかりの「和」でありました。まあ、「和をもって貴しとなす」というのはわが国の国是ですから、「和」に文句をつけたら叱られます。これで「和」は通算20回目の登場となりました。それよりも多い漢字は、「永」(29回)、「元」(27回)、「天」(27回)、「治」(21回)と4つもありますし、「応」も同点の20回。さらにこれらを「長」「文」「正」の19回が追う。

○とまあ、こんな話はこの後当分は出てこないでしょう。さしあたっては30年くらい。そのとき、ワシはまだ頭がしゃきっとしておるのだろうか。

○とりあえず、「抜かれる」ことがなくて良かったですな。発表前に「次の元号は令和」とツィッタ―で流れるようなことになると、「令」でも「和」でもなくなってしまいます。まあ、エイプリルフールでもいいですが。


<4月2日>(火)

○ふと気がついたが、昨日、会社に入ってきた新入社員たちは、おそらく「令和元年入社組」ということになるのであろう。入ったのは平成31年4月だけど、来年入ってくるのは「令和2年組」になる理屈なので。なんかもう、すっかり時代は変わってしまいますな。昭和は遠くなりにけり。

○今朝のワシは、火曜日朝の常として文化放送へ。本日をもって、「くにまるジャパン極」出演は丸10年目となる。平成21年から初めて、平成31年になってもまだ続いている。当初、前任コメンテーターの弘兼憲史さんが6年半務めたと聞いて、怖れおののいたものであったが、とうとうそれよりも長くなってしまった。ちなみに、10年間火曜日朝にお付き合いいただいた鈴木純子さんとは先月末でお別れで、本日からは西野文野(あやの)アナウンサーとご一緒である。

○それにしても偉いのはくにまるさんで、昨日の「新元号発表」の際には11時30分の発表予定が遅れて、その間を会話でつなぐのが大変だったそうである。しかもラジオの場合、元号を「絵」で見せることができない。「れいわ、命令の令に平和の和です」みたいに説明しなければならない。これはもう大ベテランの技としかいいようがない。

○それに比べれば、コメンテーター業というのはずっと楽である。毎週、キチンと同じ時間に来て、前の週と違う話をすればいいのである。今日は「新元号の経済効果」といういかにもなテーマでお話ししました。とりあえず昭和→平成の時の重苦しい雰囲気を思い出せば、平成→令和の世相は底抜けに明るくて、そのこと自体が景気にはプラスだと思います。

○どうやらワシの場合、性格的にダラダラと同じことを長期間にわたって続けるのが得意なようである。なにしろ町内会の防犯部長は15年、溜池通信だってもう20年も続いている。まして会社員生活はとなると、えーと、もう35年になる。とりあえず、「もう、アイツを辞めさせろ」とは言われていないようなので、まだズルズルと惰性で続ける所存であります。

○気がつけば1960年のねずみ年に生まれた同世代人は、もう一仕事終えていたり、これからは趣味の時間を増やしていきますという人が少しずつ増えている。ソニー会長の平井一夫さんは、社長時代に会社を完全復活させて、もう完全リタイアしてしまった。文句のつけようのない引き際である。あるいは元参議院議員の松井孝治さんは、現在は慶応SFC教授であるが、政界に戻るつもりはなさそうである。なかなか真似のできることではない。

○が、もっとすごい例がある。皇太子殿下は、来月からが本番なのである。これまでの人生がすべて助走期間であって、これから象徴としての務めを果たされることになる。私ごときが言ってもまったく意味ないですが、本当にお疲れ様です。頭が下がります。この年になると、新しいことに着手するのは大変ですよ。能のない身としては、せいぜい今できることをダラダラと続けるのみであります。


<4月4日>(木)

○今宵は歓送迎会。行く人来る人、いろいろあるけれども、まさかMy Big Appleさんがうちの職場に来るとは思いませんでしたな。がんばってね。

○今年は先週から桜がずっと咲いている。なかなか散らない。こういう年もめずらしいんじゃないか。まるで昭和の頃のように、入学式の頃になっても残っている。ありがたいね。

○でもねえ、忘れちゃいけないのがこの法則である。太古の昔から、ずっとそうだったんだよ。

散る桜、残る桜も 散る桜 (良寛和尚)


<4月6日>(土)

○天気のいい本日。ご近所の桜を見ながら歩いていたら、大堀川から柏公園まで抜けて、とっても長距離を歩いてしまった。満開もさすがにピークを越えて、川面に桜吹雪がチラホラしていてキレイでありました。これなら桜の名所までお出かけしなくても良いですな。

○問題は花粉を一杯吸い込んでしまったことで、帰って来てからが大変。鼻水は出るわ、眼は痛いわ。この時期はこれがありますからなあ。

○それにしても、1年のほんの一時期、花を咲かせるというだけで、他には何に役にも立たないソメイヨシノという樹木を、これだけたくさん植えていることは、この国の不思議のひとつでありましょう。みんな、ホントに好きなんですなあ。

○さて、明日の桜花賞の予測でも始めましょう。きっと今頃、馬券王先生もバンコクでご検討中でありましょうけれども。ちなみにオバゼキ先生はこの通り。まっ、予想通りですな。


<4月7日>(日)

○今日は統一地方選挙の第1陣。うちの選挙区は千葉県議会選挙などという眠くなるような選挙をやっている。気は進まないが、朝方、国民としての義理をはたしてきた。あれって投票整理券を持たずに行くと、結構手間がかかるのですな。もっとスイスイ行くものかと思ってました。

○で、今夜の開票速報はどうなるかというと、与野党対決になっているのは北海道知事選挙くらいであって、後は福井や福岡の保守分裂があるくらい。となると、やっぱり面白いのは大阪の「クロス・ダブル選挙」であります。何しろ本日の大阪市民は、「大阪府知事、大阪市長、大阪府議会議員、大阪市議会議員」という4つの投票をしているわけですから。いや、そりゃあ大変ですよ。「え?松井さんは知事じゃなくて市長なのか?」みたいなことはあるだろうし、何より4人分の名前を書かなきゃいけない。

○ワシは毎年、何度も大阪に通っている立場であるが、大阪の政治はサッパリ訳が分からない。維新が人気になる理由も不明なら、自民と公明と共産が束になって対抗している状況はさらに理解不能である。しかし、大阪の経済が良くなっていることは分かる。それはもう、橋下さんが初めて知事になった2008年頃とは大違いである。

○とにかく昔は、大阪の財界人に会うとすぐに愚痴が始まった。地盤沈下、東京一極集中という嘆きを聞かないことはなかった。それが最近は、「大阪は最近、景気がいいですから」などとサラリと口にする。そうそう、「万博が決まってしもうて、寄付金を集めにゃならん。厄介な話やで」という愚痴は聞いたことがある。でも、それって結構な話じゃありませんか。

○とにかく、以前のような危機感はなくなっている。お荷物だった関空は今では大賑わいとなり、しかもコンセッションが出来ちゃった。気のせいか、阪神タイガースの愚痴もあまり聞かなくなった。ワシ的には、矢野・タイガースの現状は、かなり深刻な事態だと思うのだが・・・。と思ったら、今日は広島を相手に9対0で勝っている。西投手が移籍後初勝利で完封ですと。パチパチパチ。

○大阪を良く訪ねる者同士の間で、「あの辺が分岐点だったんじゃないか」と言われているのが「2014年夏説」である。ちょうど、ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)にハリーポッターのアトラクションが出来た頃である。別に大阪から本社を移した企業が戻ってきているわけではない。サンヨーやシャープが大復活したわけでもない。要するにインバウンドが増えた。それで景気が良くなった。別に政策が良かったからではないと思うのだよね。

○大阪の景気回復が維新のお蔭だということになれば、府知事も市長も維新が勝つのでしょう。でも、万一、「ねじれ」たときは大変ですよ。万博やIRの仕事がやりにくくなって、それこそ「府市あわせ」(不幸せ)になってしまいます。しかし、府議会や市議会選挙の両方で維新が過半数を取れるとも考えにくい。「大阪都構想」だなんて、いつまでも「東京都」を意識する必要はないと思うんだけどなあ。

○どんな結果になっているかわかりませんが、とにかく明日朝はモーサテに出演します。よろしく〜。


<4月8日>(月)

○「改元効果」は景気にプラスなんじゃないか、てなことを先日から言っていて、今日は内閣府が消費動向調査景気ウォッチャー調査を発表する日である。蓋を開けてみたら・・・・「3月消費者態度指数は6カ月連続の低下」で、「3月景気ウォッチャーは2カ月ぶりの悪化」であった。とほほほほ。まあ、月例経済報告の基調判断が下がった3月に、気分だけでも明るくなるという読みはやはり無理筋だっただろうか。

○と思ったら、本日発表の産経・FNN世論調査によれば、4月は内閣支持率が5ポイントも上がっている。新元号が景気浮揚に役だったかどうかはさておいて、安倍政権にとっては若干の「ご祝儀相場」になったようである。うーん、これはそうだろうな。もっとも、強く印象に残ったのは菅官房長官の方だけど。

○真面目な話、今週はIMFのWEO(世界経済見通し)も発表になる。こちらは貿易戦争あり、Brexitありで、今年1月発表分に引き続いて、さらなる下方修正といった感じではないだろうか。全世界の景況感を左右する重要な指標となるが、世の中の変化を先取りするというよりは、むしろ遅行指標となるではないかと思う。

○その点、今朝発表のモーサテサーベイでは、「モーサテ景気先行指数」が急によくなっていた。コメンテーター席で、お隣の広木さんと声を併せて「おっ!」と反応してしまった。どうやら2人とも強気で回答していたと見える。特にアメリカと中国が23.4という高さになっているのは驚き。これはマーケット関係者の超先読み指標というべきだろうか。

○ということで、景気の先行きは引き続き慎重に見て行かなければなりません。個人的には、「世界経済の景気後退は避けられる」と見ておりますが。

○近々、こんな場所で講演会をやります。まだ席はあるみたいですので、よろしければお申し込みください。「ポスト平成時代の日本経済」という演題を頂戴しておりますが、間に合っていれば当然、「令和時代の日本経済」に変えるところです。とはいえ、平成が令和になって突然、変わってしまうわけでもないんだよな。さて、そこをどう表現するか。もうちょっと悩んでみましょう。


<4月9日>(火)

○本日は第52回日本原産年次大会へ。

○昨年の会場はルポール麹町だったが、今年は東京国際フォーラムである。というと、贅沢になったような気もするが、この建物、東京都庁の跡地に出来ただけあって、しみじみバブル期仕様で使い勝手が悪そうである。そのうち、日本でIRが建設されて、安いコンベンションホールが供給されるようになったら、これらの施設はどうなるんだろう??

○とまあ、そんなことはどうでもいいのであるが、3/11から既に8年が過ぎた。明日には福島県大熊町の一部が避難解除になるのだそうだ。つくづく原子力産業は、時間軸が長い業界だと思う。普通の人間の感覚から行くと、ちょっと浮世離れしているくらいに。

○この世界には「40年ルール」というものがある。原子力発電所は40年まで、ということになっているのだが、それは耐用年数が40年だということではない。原子力規制委員会の認可を受ければ、20年を超えない範囲で延長ができることになっている。ただし実際問題として、40年もたってしまうと設計者も居なくなってしまうし、「これはどういうことでこうなっているんだっけ?」ということがどんどん分かりにくくなってしまう。だから40年を区切りとするのはザックリした話であるが、それなりの妥当性はあるのかな、とワシ的には受け止めている。

○それというのも、40年たつと本当にいろんなことが分からなくなってしまうのである。今から40年前というと1979年である。この年にはいろんなことがあった。


●米中国交正常化と台湾関係法

●英国におけるサッチャー政権の発足

●イラン・イスラム革命とアメリカ大使館人質事件


○これらの事件は今日の国際関係に影響を与えているのだが、「ひとつの中国原則って、そもそもなんだっけ?」とか、「アメリカはどうしてこんなにイランを憎んでいるのか」といったことが分からなくなってしまう。そりゃそうだ。40年も前のことなんだもの。そしてイギリスでは、40年前に誕生した初の女性首相が発揮した指導力のことも、今となっては完全に忘れられてしまっているのではないのだろうか。

○つくづく人間は忘れる動物である。忘れちゃいけないことも、やっぱり忘れる。ましてそれより古いこと、たとえば「イスラエルはなんでゴラン高原を占領しているのだっけ?」(1967年)とか、「日韓基本条約はどういう経緯で合意したのだっけ?」(1965年)などは、ますます分からなくなってしまう。だから揉める。いや、困ったことなのですが。

○日本という国は、他の国よりは時間軸が長い国なので、対ロ交渉で「樺太・千島交換条約」(1875年)の話を持ち出したりすることができるのだが、得てしてそういう議論は通らない。第2次世界大戦の結果だ(1945年)、と言われてしまうのである。

○とまあ、一方で1979年に起きたこんな事件は妙に愛おしく思えたりする。こういうことは、40年たっても覚えているものなのである。


●この年の野球界は、「江川卓空白の1日」「簑島対星陵、死闘18回」「日本シリーズ、近鉄対広島、江夏の21球」に沸いた。

●NECが「PC−8001」を発売し、ソニーが「ウォークマン」を発売した。

●「機動戦士ガンダム」(ファーストガンダム)が名古屋テレビほかで放映された。

●ジュディ・オング「魅せられて」、西条秀樹「ヤングマン」、山口百恵「いい日旅立ち」、沢田研二「カサブランカ・ダンディ」、北島三郎「与作」、ショーケン「大阪で生まれた女」etc.


<4月11日>(木)

○昨日から入院中である。といっても、内視鏡で大腸のポリープを切るだけのことなので、明日には退院である。とりあえず3日間、確実に仕事がない時期、ということでかなり前から決めていたことである。昨日の手術もどうということはなく、経過も良好のようである。

○事前に「入院します」ということはあまり周囲には言ってなかったので、これを見て驚く人もいるかもしれない。とはいうものの、「入院するんですけど、実はたいしたことないんです〜」と自分で触れ歩くのは、いかにもある種のフラッグを立てまくっているようであって、それもいかがなものかなあと思っただけである。くれぐれもご心配はご無用に存じます。

○さて、ほんの2泊とはいえ、ワシ的には入院はほとんど人生初の体験である。わりと評判のいい病院であるし、滅多にないことなので個室料金を支払っているので、事前にはああ、これで暇な時間ができると喜んでいたのであるが、ベッドの上で一日過ごすというのは、けっして愉快なものではない。とりあえず点滴(これも人生初だ)していると左手が動かしにくいので厄介である。

○仕事をする気にもなれないので、ほったらかしにしておいた『ホモデウス』上巻を読み終え、将棋の名人戦第1局(まさか千日手になるとは思わなかった)を観戦し、流行りモノということで突然、万葉集(斎藤茂吉版)を読んでみたりしている。うーん、とりあえずこれまで病院とは無縁であった人生に感謝するほかはない。

○娑婆ではいろんなことが起きていて、EU首脳会議が英国のEU離脱を半年延期させるとか、ブラックホールの写真を撮ったとか、いろんなことを言っているようである。

○そういえば、明日は上杉隆氏が中央区長に出馬会見する日ではなかったか。最近は、「京都でAIの会社を作りました」とか、「得度して僧侶になりました」とか、今まで都違う方向を目指していたはずなのだが、またまた政治の世界に戻ってきたようである。つくづく長い付き合いになるが、しみじみ「首尾一貫していないことをもって首尾一貫している」男である。

○ちなみに入院前日の昼に一緒にランチしていて、「出馬会見、どこでやろうか」などと考えていた上杉氏に対し、「中央区だったら、築地本願寺がいいんじゃない?」とワシが言ったら、その場で本願寺に電話して決めてしまった。本当に面白いよねえ。中央区在住の皆さま、良かったら応援してあげてください。


<4月12日>(金)

○もう退院してしまった。もう少し長居をすれば、このところの生活を反省するきっかけにもなったのだろうが、仕事の電話やらメールやらも溜まっていて、あっという間に元の木阿弥となりそうである。術後の経過はもちろん良好でありまして、ただし1週間くらいは刺激物とお酒は自粛であります。

○先日来、いろんな人に「トランプ大統領が訪日する5月26日(日)は夏場所千秋楽ですよ〜。きっと相撲観戦に来ますよ〜」と言いふらしていたのだが、どうやら本当に検討されているらしい。アメリカ大統領が土俵に上がって、「ヒョウショウジョウ!」とかやったら、これは受けるに決まってますわな。こんな面白い「絵」は、アメリカのメディアも大喜びでしょう。

○さるテレビ関係者にこの話をしたところ、「待って!その話、まだ放送で言ってないですよね」と言われた。いや、放送はもちろんネットでも書いてないよ、と答えたら、「大騒ぎになる前に当日の席をとっておきましょう」などと言っていた。いやー、そんな日の相撲は、家でテレビで見るのがいちばんですよ。きっと恐ろしい警備になるから。360度の角度を警戒しなきゃいけない、なんて状況は、シークレットサービスにとっては悪夢でありましょう。

○当日の座布団をどうするかも難題です。当日のお客の中には、アメリカ大統領を狙って座布団を投げてみたい、という人はきっといるだろう。座布団が当たっても命に別状はないですけど、外交当局としては洒落になりませんわな。とはいうものの、ご本尊がそういうことが好きそうで、宙を舞う座布団の写真を撮ってツィートしてしまいそうなので、それも併せて悩ましいところでありましょう。


<4月13日>(土)

○今年も新宿御苑の「桜を見る会」へ。さすが「晴れ男」の安倍晋三総理、昨日までの寒さはどこへやら、本日はコート不要の暖かさでありました。

○昨年はもうほとんど桜が散っていて、それどころかこの時期が本番の八重桜も散っていて、ほとんど「つつじを見る会」だったのが、本日はまことに豪華絢爛でありました。いや、これぞ「桜を見る会」。そういえば当柏市選出の田議員は、直前に五輪担当大臣を解任されて散ってしまいましたが、そっちはあまり惜しむ人はいないものと思われます。

○今年はめずらしいことに、ずいぶん知り合いに会いました。社内のTさん、Uさん、議員秘書のKさん、フジテレビの某キャスター、めずらしいところではらくちんさんのお兄さんにもお会いしましたな。1万8000人も来ているので、ほとんど奇跡的な出会い確率といえましょう。そうそう、今年も陸上自衛隊中央音楽隊は良かったです。

○会場内では、菅義偉官房長官に挨拶をする人の長い行列ができていました。これも毎年の光景なんですが、「令和おじさん」はいよいよ人気沸騰という感じですね。麻生副総理・財務大臣はG20でワシントンに行っていると思いますが、福岡県知事選挙でミソをつけてしまいました。安倍政権を支える両巨頭のバランスはかなり崩れてきました。この先がどうなるのか、気になるところです。


<4月14日>(日)

○さて、明日になったら通商問題です。日米物品貿易交渉(TAG)が4月15〜16日、ワシントンで開催されます。われらが茂木大臣の抱負やいかに。先週、4月12日に行われた記者会見(と言っても、わずか7分間ですが)はこちらをご参照。


(答)テタテの交渉になると思いますので、本当にやってみないと分からない、これが率直なところでありますが、今回、初めての本格的な交渉ということでありまして、まずは昨年9月の共同声明に沿って交渉を進める方針でありまして、まずはスコーピングを決めていくと。物品貿易を中心に対象分野を決めるということから始めるんじゃないかと思います。物品貿易、そしてそれと同じタイミングに早期の成果が出せるものということでありますので、その中でスコーピングを決めるということであります。

1回目でありますから、まずライトハイザー通商代表と胸襟を開いて話し合い、お互いの意見を率直に交換することで双方の理解を深めたいと思います。物品貿易の中ではそれぞれが重視する項目というのはあるわけですから、そういった項目についても議論をすることになると思いますが、どこまで議論が進展するか、やってみないと分からないところであります。いずれにしても国益に沿ったいい成果が出せるようにしっかりと議論していきたいと思っております。


○普通に考えると、1度目の会合ではお互いに相手側の話を聞きおく、ということになるので、この2日間だけでいきなり話が進む、ということは考えにくい。ただしアメリカ側では、パーデュー農務長官が「早くしろ」とライトハイザー代表をせっついている様子。これは米国とそれ以外(豪州、カナダなどTPP参加国)との間で日本の牛肉関税の格差が広がりつつあるので、農業団体から突き上げをくらっているからでしょう。それにトランプ大統領の再選のためには、農業州の支持は非常に重要です。

○ここで重要になってくるのが、昨年9月の共同声明である。その全文はこちらをご参照。キモの部分はここですな。


5. 上記協定は、双方の利益となることを目的とし、米国と日本は、交渉を行なう際、相手国政府の立場を尊重する。

米国としては、自動車分野における市場アクセスの結果は、米国自動車産業の製造および雇用の増加につながることを目指すものとする。

日本としては、農林水産品について、日本の過去の経済連携協定に反映されている市場アクセスの譲許内容を最大限とする。


○つまり日本側は「TPPの範囲内であれば、関税下げてもいいですよ」と言っている。米農務省は「もう一声」(つまりアメリカを他国より優遇しろ)というだろうが、それを言い出すと交渉は長期化する。逆に日米首脳は上記で妥結済みなので、ここまでならサッと決まる。

○それでは自動車は、と言えば、トヨタ自動車がこの3月、対米投資計画を30億ドル上乗せして130億ドルとすることを発表した。上記の文章を楯にして、「これで勘弁してね」ということなのではないか。もっともトランプさんのことなので、「自動車輸入関税25%だあっ!」と言い出すかもしれない。が、その場合は長期化する。日本側としては、「早く決めたいんじゃないですか?」と誘いをかけているわけ。

○そうだとすると、まるで八百長のように日米協議が前進することもあり得るのではないか。何しろこれから4月(ワシントン――安倍首相の訪米)、5月(東京――トランプ大統領の国賓待遇訪日)、6月(大阪――G20に伴う訪日)と、3カ月連続で日米首脳会談が行われる。これが出来たらマジックですな。さて、どうなりますか。


<4月15日>(月)

○仕事で渋谷へ。銀座線で降りて、ヒカリエ方面に進み、そこから明治通りを恵比寿方面へ・・・と、もうわからなくなった。しかも妙な形の歩道橋を登らねばならない。何なんだ、この街は。

○詳しい人でも、「半年来ないとわからなくなる」と言われる渋谷。今もひっきりなしに工事が行われ、渋谷駅の最終形がどうなるのかは見当もつかない。JRと地下鉄はそれぞれ何本は知っているのだろう。

○この町の住民たちは、よくこんな乱開発を認めているな、と思ったら、渋谷区議会選挙候補者の宣伝カーが通った。「4期目のお願いです」と言っていたが、駅周辺開発って問題になっていないのだろうか。

○まあいいや、また当分近寄らないようにしよう。スクランブル交差点からセンター街辺りはまだわかるんだけどねえ。


<4月17日>(水)

○先週の内視鏡手術からめでたく1週間。喪が明けた今日はビールが旨い。いやはや、酒を飲まないと夜が長くてかなわん。仕方がないから早めに寝るのだが、すると夜中に目が覚めてしまうのである。

○とはいうものの、不肖かんべえの日常はすっかり元に戻ってしまい、先週2泊3日の入院生活は急速に遠いものとなりつつある。

○本日は平成国際大学の浅野和生教授が来訪。台湾の政局について伺う。本当であれば、今日4月17日で民進党の候補者選びは決まっていたはずである。すなわち蔡英文総統が再選を目指すか、いっそのこと頼清徳に差し替えるかを決定するはずであった。それが延期となってしまった。与党なんだから、こういうことではいかんですよね。

○その間に国民党は、テリー・ゴーこと郭台銘・鴻海精密工業(ホンハイ)会長が国民党からの総統選出馬を検討中とのニュースである。てっきり韓国瑜で決まりかと思っていたら、財界人の登場である。シャープの親会社のトップが挑戦するわけですから、すごいことであります。おそらく国民党の出方を見た上で、民進党も候補者を決めることでしょう。

○なおかつ、第三勢力である柯文哲台北市長も虎視眈々と機会をうかがっている。いやもう、アメリカ大統領選挙で起きるようなことは、全部、台湾総統選でも起きるということでしょう。これは面白過ぎです。選挙におけるSNSの利用なんぞは、わが国をはるかに超えておりますからな。

○そういえば今週は、産経新聞で連載中の「李登輝秘録」の第1部が終わったところである。ちゃんと通して読まなければ。つくづく台湾政治の話は一筋縄ではいきません。


<4月18日>(木)

○本日は慶応大学へ。経済学部の授業「野村証券寄付講座 金融資産市場論」なる授業の講師を仰せつかる。

○学期が始まったばかりの大学は何だかとても明るいのである。これが間もなくゴールデンウィークを迎え、そうなると5月以降は出席が減ったりするのであろうが、とりあえず今はキャンパスに学生が溢れている感じである。

○とはいうものの、「地政学リスク時代の世界経済」というテーマは、なかなか説明が難しかったような。なにしろ2000年前後に生まれた世代である。「同時多発テロ事件が・・・」と言っても、「ポスト冷戦時代においては・・・」と言っても、どこまで通じているのか要領を得ない。

○とりあえず近現代史の勉強は重要ですよ、なんてことを言ったりするのだが、そもそも近現代史なんて教えてくれないよな。高校でも大学でも。とまあ、大学の気分に触れて少し若返った気もするのだが、ちょっぴり世代間ギャップも感じたのであった。


<4月19日>(金)

○本日昼は松尾文夫さん主催「アメリカ会」の最終回。主の居ない会合に、30人近くが集まって故人をしのびました。いやもう、いろんな秘話が飛び出しまして、ええっ、そんなこともあったのですか、てな驚きが尽きませんでした。あの世代の方は、つくづくいろんなことをやっているものですね。表向きの業績の裏には、かならず水面下の努力が隠れている。それがあるからこそ、水面に浮かんだ花が美しく見えるわけでして。

○夜はとっても久しぶりに勉強会「ロビンソンクラブ」へ。皆さんお元気かな〜とおそるおそる出てみると、もちろんお元気なわけですが、そういえばあの人は最近こんなことで・・・・てな事情も伺う。年をとればいろいろあるわけで、自分も人知れず心配されていたりするのでありましょう。

○てなことで、人の情けが沁みる一日でありました。それにしても会社のPCで「溜池通信」を書いている最中に、WORDが凍結して途中から書き直しになってしまうのはなんとかならんのか。先月、PCが更新されて2度目の事件である。


<4月20日>(土)

○昨晩は丸の内の地下街で飲んだのだが、午後9時台とあって7人で入れる店はあまりなく、しばらく探した挙句に入ったのは「プロント(PRONTO)」でした。サントリーがやっている店ですよね。なかなか実験的な店で面白かったので、以下は備忘録として。

「ワイン飲み放題、30分540円」とある。これではまるで「サイゼリア」の値段ではありませんか。これは注文するしかないですよね。するとチリワインが赤白3本ずつやってくる。合計6本を、ちょっとずつ試飲みしてみる。これはなかなかに贅沢な感じがしてよろしい。

○でも、考えてみれば、チリワインは小売り価格で1本800円くらいだろうから、6本全部開けたところで合計でも5000円以下である。なおかつ、6本全部あけるとなると、さすがに1時間はかかるので、店の側としてはたぶん元が取れる。生ビールの飲み放題に比べると、きっとコストが安いのでしょう。しかも1時間ではなく30分で計算するというのは賢いですな。

○もうひとつ、この店の売りは「現金は使えません」。カードでも電子マネーでもいいですから、とにかくキャッシュレスでお願いします、とある。

○ところがそのためにこの店が掲げている看板は、"We are CASHLESS"である。あたしゃそれを見た瞬間、「わしらは文無し」と脳内変換してしまった。だってそうでしょ。「キャッシュがない」んですから。この英語はちょっと変ですぜ。

○皆さん、キャッシュレスでお願いしますよ〜日本人は現金志向が強過ぎますから〜という昨今の掛け声はわからんではないですが、こういう「キャッシュレス至上主義」もちょっと変。まあ、7人でちゃんと割り勘して、代表者がカードで支払いましたけど。













***先月に戻る







編集者敬白





●不規則発言のバックナンバー

2019 18 17 16 15 14 13 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 00 99
  18年12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月
  18年11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月
  18年10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月
  18年9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月  
  18年8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月  
  18年7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月  
  18年6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月  
  18年5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月  
  18年4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月  
19年3月 18年3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月  
19年2月 18年2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月  
19年1月 18年1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月  

溜池通信トップページへ

by Kanbei (Tatsuhiko Yoshizaki)