●かんべえの不規則発言



2019年12月 






<12月1日>(日)

○ああっ、しまった。もう12月が始まってしまった。明日には「新語・流行語大賞」が発表になってしまう。とりあえずワシは「命を守る行動を」に一票入れておきたい。

○それよりも「今年の漢字」について。こちらは発表が12月12日(木)です。

○本命はずばり「嵐」でしょう。今年は台風が多かったし、アイドルグループ「嵐」は、天皇皇后両陛下の前で「奉祝曲」を披露した。しかも来年いっぱいで活動停止となる。この字は筆で描いたときに派手さがあるしね。

○対抗に「令」も有力でしょう。新元号「令和」が公表されたとき、「令」という漢字は怖い感じがする、てな声がありましたよね。でも、当たり前すぎて面白くないのと、あまり会話が広がらないのが難ですかね。

○少しひねって、「桜」はどうでしょう。「桜を見る会」に、ラグビーW杯の「ブレイブ・ブロッサムズ」も該当する。これは穴候補ですな。ちょっと季節感がずれるのが惜しい。

○あとはどうですかねえ。改元にかこつけて「改」もアリでしょうな。ラグビーW杯のベストエイト入りを祝して「勝」とか。うーん、後はどうしてもこじつけっぽくなりますね。

○ということで、今年もいよいよ残り少なくなってきました。もうじき2020年ですよ。ねずみ年ですよ。さあ、どうしましょう。ああ、やらなきゃいけないことが一杯ある!


<12月2日>(月)

今年の新語・流行語大賞「One Team」でした。ラグビー関連が5個もありましたし、その中でどれかと言えばやはりこれでしょう。ちなみに他の4つは、「ジャッカル」「にわかファン」「4年に一度じゃない。一生に一度だ」「笑わない男」でした。

○それくらい今年はラグビーW杯が成功を収めたということでしょう。あれを見た後では、他のスポーツが霞んで見えましたね。新語・流行語大賞は、かつては野球びいきと言われていました(「神ってる」2016年、「トリプルスリー」2015年など)。今回は「後悔などあろうはずがありません」(イチロー)が選考委員特別賞になっただけでした。

○昨年の大賞が「そだねー」(カーリングのロコ・ソラーレ)だったので、スポーツ分野が強いという流れは変わっていないと思います。今年は「スマイリングシンデレラ/しぶこ」がトップテンに入っていて、渋野日向子選手21歳はやっぱりインパクトがあるのですな。スポーツ選手が持つある種の「天然さ」は、現代社会においては希少価値なのでしょう。これは将棋の「ひふみん」(加藤一二三さん、2017年のトップテン)にも通じるものがあると思います。

○かつての新語・流行語大賞には、「お笑い芸人枠」がありました。近年のお笑い界は不作ですねえ。その代わりに「闇営業」が入ったのでは洒落になりません。もっともお笑い芸人が「新語・流行語大賞」を受賞して、その年の紅白歌合戦に出たりすると、非常に高い確率で行方不明になってしまいます。どこでどうしているのよ日本エレキテル連合(「ダメよ〜ダメダメ」は2014年の大賞)。「ワイルドだろぉ」のスギちゃん(2012年)や「グ〜」のエド・はるみさん(2008年)も懐かしい。今頃は地方で営業したりしてるんでしょうか。

○そして「政治家枠」も不振でした。そもそも気の利いた言葉で、政治を面白くしてくれるキャラが今は払底しています。今回は「ポエム/セクシー発言」(小泉進次郎氏)がノミネートされましたが、トップテン入りには力不足でした。そもそも進次郎くんは演説が上手いと言われるけれども、あれはたぶんに雰囲気作りが上手なのであって、名コピーを生んではいませんよね。

○お父さんの純一郎さんは、たくさん「流行語」を送り出しました。なにしろ2001年の大賞は「米百俵/聖域なき改革/恐れず怯まず捉われず/骨太の方針/ワイドショー内閣/改革の「痛み」」でしたからね。さすがはミスター・ワンフレーズ。政治家は言葉が命と言われる仕事ですが、近年は政治家の「造語力」が物足りないと感じております。

○今年の政界に新たな旋風を巻き起こした山本太郎氏も、「れいわ新選組」という党名がノミネートはされたものの、セリフやスローガンはあんまりヒットしてませんよね。そんなことではポピュリスト政治家は務まりませんぞよ。その点、トランプ大統領は"Keep America Great"で、ジョンソン英首相は"Get BREXIT done"ですから。

○もうひとつ、今年も不作だったか〜と感じるのは「CM枠」です。TVのCMに関係するものと言えば、かろうじて「○○ペイ」がある程度。これもペイペイのCMが特段に良かったとは思えないのですよね。今は面白いコンテンツを提供してくれるのは、テレビよりもむしろユーチューブなのかもしれません。そういえば「NHKをぶっ壊す!」(N国)はノミネートされていなかったのですね。

○純粋な意味で、もっとも流行語らしかったのは、「タピる」じゃないでしょうか。タピオカドリンク、あたしゃ1回も飲んだことないですが、ああいうものこそ時代の雰囲気を反映していて、後で懐かしく思えるものです。そう、流行は儚いから価値がある。ナタデココとか紅茶キノコとか、昔もいっぱいありましたよねえ。

○今年は「令和」もトップテン入りしました。新元号の評判がいい、というのは慶賀すべきことでしょう。実際にRの発音が新鮮だとか、出典が「万葉集」なのも良いのではないかという声は多いです。もっとも「令」という漢字は、「清らかで美しい、立派な、喜ばしい」といった意味があるそうですから、今年が本当にそういう年だったかと言えば若干の疑念が残ります。

○ということで、2019年は残り少なくなっていきます。まだまだサプライズがあるかもしれませんが、今年を締めくくると同時に、来年の予測を組み立てて行かねばなりません。明日は福島県郡山市に出没いたします。


<12月3日>(火)

○福島民友新聞主催、YMC郡山セミナーの講師で郡山へ。ちょうど4年前に来たことがある。福島市が政治都市なら、郡山市は経済都市。東北では仙台に次ぐ経済規模を誇る。

○ところがこの一帯は、先日の台風19号でひどいことになっている。工業団地が麻痺しているとか、病院が水没したとか、何より死者も出ている。阿武隈川の下流はなんともなかったのだが、支流で氾濫がおきたとのこと。そんなところへ、先日書いた自然災害に関する拙稿が関係者の目に留まったらしい。ありがたいような、困ったような。

○先週末に公表された10月分の鉱工業生産は前月比▲4.1%と、文字通りカックンと下落している。これはどう見ても消費税のせいじゃなくて、台風の被害によるサプライチェーン問題だ。台風の被害は一過性のものだとは言え、足元の10−12月期の日本経済はかなり落ち込みそうな予感。これでは大型補正もやむなしか。

○仕事を終えてから、郡山駅の「もりっしゅ」で勝手に慰労の一杯。ここは4年前も来た。一杯390円で、「月弓」という会津若松の日本酒を適当に注文してみたら、これが大当たりであった。いや、実に旨い。ついつい痺れて、帰りの新幹線内ではもちろん爆睡。

○東京駅に戻って、キヤノングローバル戦略研究所の創設10周年記念シンポジウムを覗く。知り合いが大勢働いているシンクタンクであるが、これだけ短期間に成功を収めた研究所は他に例がないのではないか。リーマンショック直後の2009年に作った、ということも今から考えると感動ものである。

○昔からよく知っている小林慶一郎先生がスピーカーだったので、真っ先に手を上げて意地悪な質問をさせてもらう。ところがこの質問、当方の勘違いであることが後ほど判明。しかし、これは「聞くは一時の恥」で、聞かなかったらずっと勘違いしているところであった。すばらしい。シンクタンクとは、まさにかくあるべきであろう。

○明日はまたも東北新幹線に乗って、今度は茨城県筑西市に参ります。


<12月4日>(水)

○常陽銀行さんの年末セミナー講師を務める。今年で何と6回目である。支店のあるいろんな場所を回って、今回は茨城県西部の筑西市で。ここは昔、下館市と呼ばれていた頃に、当時、日立化成に務めていた友人宅を訪ねたことがある。遠くて不便な場所だったという記憶があるが、今日は立派な会場で、お客様も200人くらい。考えてみたら、どこでも非常にお客さんの数が多いのである。

○これまでに訪れたのは、「つくば」「郡山」「神栖」「土浦」「日立」「筑西」の6か所。茨城県というのはつくづく面白い土地柄で、分散型なのである。県境に近いところに大きな町がある。そして県庁がある水戸市の人口は、それほど多くはない。お隣の栃木県が宇都宮の一極集中なのとは好対照といえましょう。

○普通に考えれば、一極集中型の県の方が資源を集中しやすいので、地銀の経営には良さそうである。でも、意外と分散型の方が良いのではないのかという気もする。それだけ顧客が多くなってリスク分散ができるわけなので。県境に大きな町があって、県庁所在地が小さい、ということでは山口県なんかもそうだよね。逆に一極集中型と言えば、秋田県や奈良県あたりでしょうか。こういうの、真面目に研究してみると面白いかもしれない。今後の課題にしましょう。


<12月6日>(金)

○ペローシさんが勝負に出ました。いよいよトランプ大統領が下院で弾劾訴追に向かいます。前回の溜池通信で書いた通りの展開です。でもって、12月5日分のラスムッセンの大統領支持率が52%となり、トランプさんは喜んでそれをリツイートしている。いやあ、狙い通りの展開じゃないですかねえ。「弾劾、カモーン!」て感じなのではないかと。

○トランプさんの再選確率は、40%〜60%のどこかではないかと思います。トランプさんはもともと弱い候補者だし、と見れば4割に近くなるし、でもねえ、民主党もうまくいってないしねえ、と見れば6割に近くなる。このレンジから外れた予測は、あんまり信用できないと思います。

○ただし例外として、在米大使館の方に聴いたら、「トランプ再選」と答えると思います。だって万が一、そうでないと言ってることが、ホワイトハウスにバレたら大変じゃないですか。この世界には「当局バイアス」とでもいうべきものがあって、それは財務省や日銀の人が、「来年の日本経済は失速します」とは決して言わないのと同じ理屈です。「お立場発言」には気をつけましょう。

○とまあ、その辺は大方の意見の一致をみるのだけれども、「2期目のトランプ政権は何を目指すのか」という問いに対する答えがない。減税なのか、壁の建設なのか、インフラ投資なのか、あるいは外交での成果なのか。どれも嘘くさいですよねえ。金融関係の方は皆さん、そこで悩んでおられる様子。

○思うに今のトランプさんは再選されることが至上の目標であって、その先のことは考えていないのではないか。ポピュリストというものは、思考のスパンが短いものです。明日は明日の風が吹く。いや、それがホワイトハウスの主だということが困るのでありますが。


<12月8日>(日)

○アメリカ大統領選の民主党候補のうち、カーマラ・ハリス上院議員が撤退を宣言しました。選対本部が分裂含みであって、選挙資金の集まり具合もよろしくなかった。その理由は、「候補者の妹が出しゃばるから」というのは日本の選挙でもよく聞く話であって、指揮命令系統が2つあったら大概の組織はダメになりますわな。選対本部をキチンと指揮できない人は、大統領にはなれない。まあ、副大統領候補の眼はあるかもしれません。

○それはよいのですが、彼女が居なくなったら民主党候補者のトップ5人の顔ぶれがずいぶん変わって見えるようになった。現時点のRCPでいくと、@ジョー・バイデン元副大統領、Aバーニー・サンダース上院議員、Bエリザベス・ウォーレン上院議員、Cピート・ブティジェッジ市長、Dマイケル・ブルームバーグ元市長、となった。5人全員が白人で、うち男性が4人。しかも4人が70代で、残る1人は30代である。なんというバランスの悪さであろうか。

○つくづく50代で黒人(インド系とジャマイカ系の移民2世)という彼女が居なくなると、民主党大統領候補者の景色が変わって見えてしまうのである。それ以外で言うと、一度はトップに立ちかけたエリザベス・ウォーレンが失速しかけている。逆にサンダースがしぶとい。若い層に影響力を持つAOC(アレクサンドリア・オカシオコルテス下院議員)は迷った挙句、サンダース支持なんだそうである。いくらなんでも高齢過ぎると思うのですけどね。

○何だかこの状況、2012年の共和党予備選挙に似ていると思う。あのときは、衆目の一致するところミット・ロムニー候補しかいないと思われたのに、共和党内では次から次へと無理目の候補者に人気が出て、なかなかまとまらなかった。今回の場合で言うと、「いろいろ考えたけれども、やはりジョー・バイデンがいちばん安心」いうことになるのではないか。なによりドナルド・トランプが、もっとも嫌がっている相手のようにみえる。

「バイデンはもしかしたら強い候補なのかもしれない」と言っているのは、上智大学の前嶋和弘教授である。言われてみれば、昔のセクハラが蒸し返されても、討論会でカーマラ・ハリスにやり込められても、息子の不祥事がウクライナ疑惑で取り沙汰されても、アイオワの有権者に質問されてブチ切れてしまっても、なかなか彼の人気は落ちない。「ちょっと残念なところがある人」というのが昨今の米大統領選では良いらしい。言われてみれば、ハリスもウォーレンも完全主義者で、隙を見せないタイプある。

○実際に現職の大統領があそこまでハチャメチャな人であると、挑戦する側も少しくらい脛に傷があっても許されるのではないか。それでもついつい候補者は完璧を目指そうとするし、それがかえって裏目に出ることもある。米大統領選も、どんどん変な世界に入りつつあるような気がしている。


<12月9日>(月)

○昨日ご紹介した前島和弘先生の「バイデン侮るべからず」の論考が、たまたま今日、東京財団のサイトに登場しましたので、さっそくご紹介。

●侮れないバイデンの底力

○この中で最後の方に、「いざとなったらバイデンにはこんな秘策がある」という「噂」が登場する。「副大統領にあの人が・・・」というもので、大統領選挙においてはありがちな噂の一種である。この場合、「だったら、なぜ『あの人』は大統領候補になろうとしないのだ?(その気になれば、かならずなれるはずなのに!)」というツッコミが入るので、現実的には「そりゃあないよねえ」ということになる。しかしまあ、「あの人」の本が全世界で1000万部も売れているとあれば、あながち無視するわけにもいかんのでありましょう。

○それというのも、「アンチ・トランプ」という人たちは「オバマ時代は良かったよねえ」という思いを共有している。だからこそバイデン元副大統領には、常に追い風が吹いている。いくらジョー・バイデンが「残念力」を発揮しても、「まあ、あの人は仕方がない(だってオバマは完璧だったしね)」ということで許されてしまうのだ。

○ところがここに悩ましい問題がある。民主党支持者で左派の人たちは、オバマ時代には満足していなかった。オバマはもともと左派の候補者であり、2008年には「あのイラク戦争にも反対していた」ことを売りとして、鉄板候補者のヒラリー・クリントンに納得がゆかない人たちの支持を得ていた。ところがオバマは民主党の代表となったら、さりげなく中道に歩み寄って行った。この辺は政治家としてのオバマの狡さであるが、そんなことは当ったり前の話であって、でなきゃ黒人初の大統領なんてあり得なかったでしょう。

○ところがそういう歴史は迅速に忘れ去られてしまう。バーニー・サンダースやエリザベス・ウォーレンが"Medicare for All"(国民皆保険制)を訴えるのは、左派の支持者が中途半端な「オバマケア」に満足していなかったからである。でも、それはないものねだりであって、2020年選挙でミシガン州やペンシルベニア州を取り戻したいのであれば、「悪い夢を見るんじゃない!」と叱ってあげなきゃいけない。あの辺に住む人たちは、皆さん、オバマケアだって大嫌いなんだから。

○それにオバマケアはたまたま2009年から10年にかけて、民主党が上院で60議席も有していた時代だったからこそ、実現できたことなのである。今は47議席しかなくて、どうやって国民皆保険制を実現するつもりなのか。スチューデントローンの徳政令だって、もちろん実現は不可能である。ところが昨今の民主党大統領候補討論会は、そういう夢見る人たちを相手に行われている。彼らは本当はオバマ時代も否定してしまいたい。でも、それを言っちゃあお終いよ、という現実がある。

○ところがいつの時代も左派というのは、夢見る人たちなのである。手中の1羽よりも藪の中の2羽を追い求める。ときには反対政党よりも、身内の中道派を憎んでしまう。だからこそAct Blueにじゃんじゃんおカネが集まり、左派の候補者に流れ込むのである。これってますます、トランプさんにとっては結構な事態なんですけどねえ。まあ、ワシが心配するような事態ではないのですけれども。


<12月11日>(水)

○気がついたら、今週のThe Economist誌のアメリカ政治オタクコラムである"Lexington"で、「しぶといバイデン」(The stickiness of Joe Biden)という記事を載せている。しっかし、The Economist誌のサイト、使いにくくなったなあ。もうリンクは貼ってやらねえぞ。ふんっ。

○いわく、今の有権者は大統領候補者の欠点比べをしている。サンダースやウォーレンは暗過ぎる。その点、バイデンの欠点は軽い。失言が多かろうが、古臭かろうが、そんなもん構わない。ドナルド・トランプが大統領となるバーを思い切り下げてくれたので、状況は変わったのだよと。なるほど。

○それはそれとして、バイデンはとっても寒いアイオワ州向けに「8日間、650マイル」の遊説バスツァーを敢行したのだそうだ。記者団を大勢引き連れていくところがいかにも古風な選挙戦術ですな。バイデンさんはつくづく感性が90年代で、時代遅れのところは多々あるし、記憶違いや言い間違いも多々あるのだけれども、まあ、「残念力」を発揮しているのだと思えばよいらしい。支持者もご高齢の方が多いようだし。

○アメリカ大統領選挙とは、突き詰めて言うと「候補者の成長を見守る物語」である。そういう意味では、若い候補者が出てくれた方が楽しい。ビル・クリントンやバラク・オバマはまさに成長物語であった。ジョージ・W・ブッシュでさえ、それに近い瞬間は何度もあったと思う。その点、現職はもちろんのこと、有力者の多くが70代であるという2020年選挙は、いったいどういうことになってしまうのか。

○そういえば年明けになりますが、東洋経済の「四季報セミナー」でもこの手のお話をいたします。よろしければ、覗きに来てくださいまし。登録は下記URLからどうぞ。でもその頃になったら、きっとまた全然別の話をしているのだと思うけど。

https://s.toyokeizai.net/item/SEMINAR_SKH_202001.html 


開催日時
2020年1月19日(日)13:00〜16:30(開場12:00)
プログラム
13:00〜13:10 『会社四季報』2020年新春号の見どころ

13:10〜14:00 「トランプ再選確率50%?2020年米大統領選の勝者は誰だ」
吉崎達彦(双日総研チーフエコノミスト)
 かんべえの名前で親しまれ、米国を中心とする国際問題研究家でもある。一橋大学卒業後、日商岩井(当時)入社。米国ブルッキングス研究所客員研究員や、経済同友会代表幹事秘書・調査役などを経て2004年から現職。テレビ、ラジオのコメンテーターとしてわかりやすい解説には定評、またブログ「溜池通信」は連載500回超の人気サイト。

14:00〜14:50 大激変?2020年の世界・日本経済&為替はどうなるのか
エミン・ユルマズ(複眼経済塾 塾頭)
 エコノミスト、為替ストラテジストで世界の株式に精通。16歳で国際生物オリンピック優勝。東京大学工学部・同大学院卒業後に野村證券入社、M&Aアドバイザー業務等に従事。2016年に複眼経営塾取締役・塾頭に就任。「会社四季報オンライン」を始め、数多くのメディアで大活躍中。

15:10〜16:00 『会社四季報』新春号で見つけた!「10倍株」候補
渡部清二(複眼経済塾 塾長)
 1990年筑波大学第三学群基礎工学類変換工学卒業後、野村證券入社。野村證券在籍時より、『会社四季報』を1ページ目から最後のページまで読む「四季報読破」を開始、「世界一『四季報』を愛する男」とも。2014年会社設立、2018年複眼経済塾から現職。「会社四季報オンライン」でコラム「四季報読破邁進中」を連載中。

16:00〜16:30 講演者が激論! トーク&トーク&質疑応答



<12月12日>(木)

○朝イチで新幹線に乗って大阪へ。クラブ関西の定例午餐会の最後の回で、来年の日本経済について語るのが近年の恒例行事となっている。数えてみたらなんと今年で10回目だと。うーん、長いことやっとるのう。

○今日は「今年の漢字」が午後2時に発表されるということで、「本命=嵐、対抗=令、穴馬=桜」であると申し上げる。後で確認したら、対抗が当たっていた。よかった、外れなくて。

○クラブ関西のお隣、ANAクラウンプラザホテルへ移動して、部屋でせっせと溜池通信を執筆。せっかく大阪に来ているのに、外出もせず、ルームサービスで空腹を満たす。ああ、なんとストイックな私。

○仕事にめどがついてから、2階のライブラリー・バーに繰り出してしみじみ呑もうかと思ったら、どこかの会社の団体さんが来ていてとってもやかましい。順位戦A級の佐藤康光九段対三浦九段戦をちらちら見ながらグラスを傾ける。うーん、佐藤先生、このところ不調でありますなあ。


<12月13日>(金)

○本日は盛りだくさんの一日である。英国総選挙は保守党が大勝利。やはり"Get BREXIT Done"というキャッチフレーズがよくできていて、もう議論はやめだ、早くやれ!という声に賛同した有権者が多かった模様。国民投票からもう3年半もたっているのだから、そりゃあそうだろう。

○さらに米中第1次合意も間近だということで、株価が盛大に上げておる。そりゃあ、そうなるわな。しかし政府の発表ではなく、大統領のツィートで株価が反応するというのはまことに不健全。これを変だと思わなくなっている世の中は、やっぱりおかしいのではないかと。

○午前中に双日の関西支社に顔を出して、午後からは関西安全保障セミナーへ。米中新冷戦をテーマに、村田 晃嗣・同志社大学教授と小原 凡司・笹川平和財団上席研究員とパネルディスカッション。村田先生とご一緒するのは久しぶりなのだが、京都弁で次々と鋭い発言をするのだが、まるで角が立たない。もはや令和の高坂正尭になっているのではないかと感心する。小原さんも何年か前の北京以来なのだが、いやもう深いふかい。

○2日間を大阪で過ごして、何となく「元気な大阪」を実感する。最近の東京では、「来年の五輪が終われば後はもう碌なことがない」みたいな感じがあるのだが、大阪は「これからIRもあれば、万博もある」なのである。帰りの新幹線では、もちろん行列に並んで「551」の豚まんを買うのであった。












***先月に戻る







編集者敬白





●不規則発言のバックナンバー

2019 18 17 16 15 14 13 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 00 99
  18年12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月
19年11月 18年11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月
19年10月 18年10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月
19年9月 18年9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月  
19年8月 18年8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月  
19年7月 18年7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月  
19年6月 18年6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月  
19年5月 18年5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月  
19年4月 18年4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月  
19年3月 18年3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月  
19年2月 18年2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月  
19年1月 18年1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月  

溜池通信トップページへ

by Kanbei (Tatsuhiko Yoshizaki)