●かんべえの不規則発言



2020年6月 






<6月1日>(月)

〇トランプ大統領が今月下旬(たぶん6月25〜26日)に計画していたG7サミットを、9月に延期して実施するとのこと。しかも新たなメンバー国として、ロシアと韓国と豪州、インドを招待したいとの意向だそうだ。いやー、モノを知らないというのは怖いものでありますな。

〇G7サミットの歴史においては、メンバー国以外を招くというのは普通に行われていたことであります。「アウトリーチ会合」呼びまして、昔は中国や南アみたいな国を呼んでおいて、「いや〜、あなたもこういう晴れがましい会合に出られて嬉しいだろう」てなことをやったものであります。2008年にG20ができて以降は、さすがにそういう「上から目線」は通用しなくなりましたが。

〇逆にメンバーを増やそうと思ったら、それはそれは大変なことでありまして、1990年代にロシアを入れてG7をG8に拡大したときは、それこそ3年がかりくらいで実現したものです。あのときはクリントン大統領がエリツィン大統領を気に入って、いろいろ工作したわけでありますが、「ロシアは政治会合には入れるが、経済会合には入れない」など、さまざまな「意地悪」を受けたものであります。

〇ちなみに当時の日本外交は、ロシアをG7に入れることに反対した。いつもアメリカに追従しているわけではないのです。2014年にクリミア併合が起きて、ロシアがG8から排除されたときは、「私はあのとき反対しましたよねっ!」と言える立場でありました。

〇そんな世界でありますから、7か国の会合をいきなり11か国に増やす、なんて身勝手が通るはずがないのであります。こんな横車は、トランプさんだからといって通るものではなく、というよりもトランプさんだからこそ通らない。なにしろ1975年から続いている会議なんです。定例飲み会のメンバーだってそうでしょ? 「アイツを入れるなら俺は出ない!」と言い出す人がかならず出るのだから。「慣性の法則」を侮ってはなりませぬ。

〇去年と同じことをするのは簡単だ。しかし去年と違うことをするのは非常に難しい。そもそも9月になったら大統領選挙が佳境に入っていて、サミットの準備なんてできなくなりますがな。というか、今はジョージ・フロイド氏の暴行死亡事件を皮切りに、全米の15州とワシントンDCで暴動が起きております。いつ収まるやら見当もつかず、しかも暴動を通してますます感染が広がるかもしれない。

〇とにかく、今月下旬に対面でG7サミットを開けるような気が全然しない。もういいじゃないですか、テレビ会議で。リアルで会うのは、国際協調の機運が高まってからの方が良いのではないかと思います。











***先月に戻る






編集者敬白





●不規則発言のバックナンバー

2020 2019 18 17 16 15 14 13 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 00 99
  19年12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月
  19年11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月
  19年10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月
  19年9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月  
  19年8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月  
  19年7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月  
  19年6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月  
20年5月 19年5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月  
20年4月 19年4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月  
20年3月 19年3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月  
20年2月 19年2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月  
20年1月 19年1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月  

溜池通信トップページへ

by Kanbei (Tatsuhiko Yoshizaki)