●上海馬券王のページ


上海馬券王がJRAのレースに寄せる「情熱と冷静の言葉」


2017年 上半期のレース考





2月19日(日)フェブラリーステークス


えー、お久しぶりでございます。気が付けばあっという間に2017年最初のG1フェブラリーSの開幕となってしまったわけで、本年もよろしくお願いいたします。

しかし、2月も残り一週あるのに、明日なんだフェブラリー。あたしゃ、てっきり来週だと思ってたぞ。ううう、こ、心の準備が。。。。。

そもそもですな、有馬記念から2か月もたっていないというのに、世の中激動していて競馬に集中する環境にないのですよ。。みんなのアイドルまさお君が暗殺されたというのも大変ショッキングな話(しかし、こんなに気に入らない存在を粛正しまくりだと、残る恨みも絶大なわけで、あの国の体制は年内持つんですかね)ですが、何より大統領に就任したトランプさんが、選挙期間と何ら変わらぬ無双状態を繰り広げているのは、これは驚きです。立場が変わればやることも変わると思ったんですけどね。彼がTWITTERで「指先介入」するたびに為替や株式相場が変動するし、年度末も近いというのに会社の業績がフィックスしないじゃないか、どないしてくれんのじゃ!

実は1月末に敬愛してやまないギタリスト・ジェフベック大先生の来日公演がありまして、私も東京国際フォーラムまで聞きに行ったんですが、こちらも驚きました。20代のお姉ちゃん二人をひっさげてメッセージソングを展開しまくっているわけです。


IT'S A RICH MAN'S WAR AND ONLY THE RICH WILL WIN

THEN THEY SIT IN THE TOWERS WATCHING MEN SUFFERING

BUT WE WON'T FIGHT YOUR WAR NO MORE

IT'S A RICH MAN'S GAME AND ONLY THE SUPER RICH EVER WIN

SIT IN YOUR TOWERS WATCHING MEN SUFFERING

BUT WE WON'T FIGHT YOUR WAR NO MORE


ギター一筋半世紀、ボーカルと言うものを極力排し、ギター演奏のみで客を呼べる稀有な人。齢70を過ぎた巨匠中の巨匠が、臆面もなくこんなストレートなメッセージソングを展開するなんて、リスナーとして40年近く付き合ってきた私から見ても、これは大変怪しくてもの狂ほしき光景なわけです。せ、先生!70過ぎてそんなに怒んなくても。まぁ、ベック先生みたいな人まで怒り出すくらい世の中悪くなっているということなんでしょうし、人々のこういう怒りがトランプさんを大統領に押し上げる原動力にもなったんでしょうが、他ならぬトランプさんこそがTOWERの住人であるわけで、うーん、なんとも救いのない世の中であります。

日本国内に目を向けてみると、東芝の海外子会社減損のニュースが、財務業務を生業とするものからは、大変にショッキングな話でした。いや、去年の「不適切会計」まではまだ理解の範疇ではあったのですが、さすがにこれはねえ。要約すると「『不適切会計』の後始末に忙殺されているどさくさに紛れてアメリカ人にカモられた」ということなんでしょうが、いくらカモられるにしてこの金額はないよねえ。本件に関しては、競馬場観戦の際、大変お世話になっている東洋経済さんが気合の入った特集記事を組んでいるし、私としても色々言いたくなってくるのですが、このメルトダウン級大惨事を理解するには、まだまだ情報が足りていません。もう少し状況が明らかになってから思うことを述べてみたいと思います。

2017 219() 1回東京8日目 16頭 [15:40発走]
【11R】 34回フェブラリーS
4歳以上・オープン・G1(定量)(国際)(指定) ダート1600m

馬名

性齢

替 騎手

斤量

単勝

調教師

1

1

サウンドトゥルー 7 *柴田善臣

57

13.7

()高木登

1

2

 

ホワイトフーガ 5 蛯名正義

55

23.9

()高木登

2

3

ゴールドドリーム 4 M.デム

57

5.2

()平田修

2

4

コパノリッキー 7 *武豊

57

11.5

()村山明

3

5

 

アスカノロマン 6 和田竜二

57

21.6

()川村禎彦

3

6

$モーニン 5 *ムーア

57

5.2

()石坂正

4

7

 

ブライトライン 8 *石橋脩

57

198.6

()鮫島一歩

4

8

デニムアンドルビー 7 *内田博幸

55

40.8

()角居勝彦

5

9

$ベストウォーリア 7 戸崎圭太

57

8.3

()石坂正

5

10

カフジテイク 5 *津村明秀

57

4.2

()湯窪幸雄

6

11

ノンコノユメ 5 ルメール

57

8.2

()加藤征弘

6

12

 

ニシケンモノノフ 6 横山典弘

57

80.1

()庄野靖志

7

13

 

エイシンバッケン 5 岩田康誠

57

15.8

()中尾秀正

7

14

 

キングズガード 6 藤岡佑介

57

66.6

()寺島良

8

15

 

ケイティブレイブ 4 *幸英明

57

54.0

()目野哲也

8

16

 

インカンテーション 7 藤岡康太

57

94.3

()羽月友彦

と言うわけで、「有馬からわずか二か月だというのに、国の中も外も理解できない激動だらけ、せめて競馬くらいには平穏な結末を期待したいですね。」などと言うあたりさわりのない枕で始めようと思ったフェブラリーSなわけですが、出馬表を見てげっそり。実績どころは近走調子落ちだし、じゃあ、上がり馬はいるかと思えばこれもぱっとしないのばっかりだし、軸不在もいいところで、こっちもまんまカオスじゃねえか。

こんな怪しげなメンバーで争われるフェブラリーと言うのも近年記憶にないわけで、有効なのかどうか自信もないのですが、恒例ですので取り敢えず過去10年のトレンドを。

フェブラリーS過去10年の系譜

日付

馬名

性齢

騎手

頭数

馬番

人気

着順

馬場状態

調教師

走破タイム

着差タイム

通過順

上り3F

馬体重

馬体重増減

単勝配当

馬連

馬単

3連複

3連単

160221 $モーニン 4 M.デム

16

14

2

*()石坂正

1340

-0.2

   04-04

35.2

522

-4

510

680

1510

3820

16010

160221 ノンコノユメ 4 ルメール

16

7

1

()加藤征弘

1342

0.2

   13-12

34.7

454

+2

(2.4)

680

1510

3820

16010

160221 アスカノロマン 5 太宰啓介

16

4

7

()川村禎彦

1342

0.2

   10-09

34.9

524

-2

(18.1)

   

3820

16010

150222 コパノリッキー 5 武豊

16

4

1

()村山明

1363

-0.1

   02-02

36.2

536

-2

210

1570

2100

3060

12370

150222 インカンテーション 5 内田博幸

16

14

5

()羽月友彦

1364

0.1

   04-03

36.2

488

-8

(13.8)

1570

2100

3060

12370

150222 $ベストウォーリア 5 戸崎圭太

16

10

3

()石坂正

1365

0.2

   08-08

36.1

512

+6

(6.4)

   

3060

12370

140223 コパノリッキー 4 田辺裕信

16

13

16

()村山明

1360

-0.1

   02-02

35.3

530

+4

27210

84380

256050

55360

949120

140223 ホッコータルマエ 5 幸英明

16

15

2

()西浦勝一

1361

0.1

   05-05

35.1

506

0

(3.6)

84380

256050

55360

949120

140223 ベルシャザール 6 C.デム

16

11

1

()松田国英

1364

0.4

   12-11

35.1

540

+2

(2.7)

   

55360

949120

130217 グレープブランデー 5 浜中俊

16

2

3

()安田隆行

1351

-0.1

   07-07

35.9

526

-6

670

10330

17580

16150

111130

130217 エスポワールシチー 8 松岡正海

16

6

9

()安達昭夫

1352

0.1

   02-02

36.5

504

+3

(26.3)

10330

17580

16150

111130

130217 ワンダーアキュート 7 和田竜二

16

10

7

()佐藤正雄

1353

0.2

   10-10

35.9

518

0

(9.2)

   

16150

111130

120219 $テスタマッタ 6 岩田康誠

16

16

7

()村山明

1354

-0.3

   13-13

35.7

504

+2

2430

10510

26210

15530

141910

120219 シルクフォーチュン 6 藤岡康太

16

3

4

()藤沢則雄

1357

0.3

   15-15

35.7

470

0

(14.6)

10510

26210

15530

141910

120219 ワンダーアキュート 6 和田竜二

16

10

2

()佐藤正雄

1358

0.4

   08-08

36.4

520

+12

(5.7)

   

15530

141910

110220 トランセンド 5 藤田伸二

16

12

1

()安田隆行

1364

-0.2

   01-01

36.3

514

+2

350

1100

2040

3200

12240

110220 フリオーソ 7 M.デム

16

13

3

[]川島正行

1366

0.2

   12-11

35.7

506

-1

(5.5)

1100

2040

3200

12240

110220 バーディバーディ 4 池添謙一

16

5

4

()池江泰郎

1366

0.2

   06-05

36.0

488

+6

(7.3)

   

3200

12240

100221 エスポワールシチー 5 佐藤哲三

16

4

1

()安達昭夫

1349

-0.4

   02-02

35.6

498

-4

170

890

1190

1160

4190

100221 $テスタマッタ 4 岩田康誠

16

3

5

()村山明

1353

0.4

   07-07

35.5

482

0

(13.0)

890

1190

1160

4190

100221 サクセスブロッケン 5 内田博幸

16

6

2

()藤原英昭

1359

1.0

   05-03

36.5

532

+11

(6.4)

   

1160

4190

090222 サクセスブロッケン 4 内田博幸

16

15

6

()藤原英昭

1346

-0.0

   02-03

35.4

522

+7

2060

4710

14070

5730

57720

090222 $カジノドライヴ 4 安藤勝己

16

14

3

()藤沢和雄

1346

0.0

   02-02

35.6

518

+10

(5.0)

4710

14070

5730

57720

090222 カネヒキリ 7 ルメール

16

2

1

()角居勝彦

1346

0.0

   04-04

35.3

530

-3

(2.7)

   

5730

57720

080224 ヴァーミリアン 6 武豊

16

15

1

()石坂正

1353

-0.3

   05-03

35.9

520

+7

240

2820

3520

3820

17550

080224 ブルーコンコルド 8 幸英明

16

10

7

()服部利之

1356

0.3

   04-03

36.2

508

+1

(19.4)

2820

3520

3820

17550

080224 ワイルドワンダー 6 岩田康誠

16

16

3

*()久保田貴

1359

0.6

   08-07

36.3

452

+4

(5.1)

   

3820

17550

070218 サンライズバッカス 5 安藤勝己

16

12

3

*()音無秀孝

1348

-0.2

   10-10

35.0

484

-2

590

1490

3210

11710

54210

070218 ブルーコンコルド 7 幸英明

16

7

2

()服部利之

1350

0.2

   12-12

35.0

516

+8

(4.0)

1490

3210

11710

54210

070218 ビッググラス 6 村田一誠

16

15

9

()中尾秀正

1354

0.6

   08-08

35.9

518

0

(20.0)

   

11710

54210

集計期間:2007. 2.18 2016. 2.21

@1番人気は4-1-2-3と信頼性高し。

A2番人気は1-2-2-5、3番人気は2-2-2-4と1番人気に見劣るも、それでも高い安定性あり。二桁人気の超人気薄が絡んだのは14年の殿人気コパノリッキーのみであり、結果穏当な配当が続く。まぁ、例年は1番人気が1倍から2倍台の単勝オッズで信頼性の高い軸馬がいたということでもあるんですが、1〜3番人気の単勝が4〜5倍という本年はどうなんでしょう。

B枠順は極端に偏っているというほどではないにせよ、二桁馬番の台頭が矢鱈多く、6枠より外の馬には一定以上の目配りが必要。(今年の外枠にはご無体なくらい低人気の馬しか入ってませんが)

C脚質は逃げ馬以外なんでもあり(逃げて三着以内に残ったのは11年のトランセンドのみ)。ダートにしては矢鱈追込みが決まっていることには注目要。

Dダートと言うパブリックイメージにふさわしく500kg超の大型馬がやたら馬券に絡む。

E関西馬強し。過去馬券に絡んだ30頭中26頭が関西馬。西高東低は昔のことと思っていたけど、ダートに限ってはそうじゃないようで。

F過去30頭の年齢は、4歳が7頭、5歳が10頭、6歳が7頭、7歳が4頭、8歳が2頭と高齢馬にはつらい。ダート馬は競走寿命が長いというのがパブリックイメージだったけど、このレースに限ってはそうじゃないようで。。

G無慈悲なくらい男尊女卑。過去連がらみした馬のすべてが牡馬。牝馬はおろかセン馬も用無し。

H血統はブライアンズタイムが優秀も、没後4年となる今年はさすがに出走なし。この他では本日早朝に急死したゴールドアリュールが優秀。当日は「追悼馬券」とか「弔い合戦」とかでゴールドドリームやコパノリッキーの馬券が売れそうです。

I毎年1頭は外国産馬の台頭あり。今年対象となるモーニン、ベストウオーリアは実績もあり押さえておいたほうが良いかも。

Jリピーターが少ない。連覇は14〜15年のコパノリッキーのみ。2〜3着を見ても前年の上位が翌年がらりと変わっていることが多く、前年の実績は当てにならない。(これもダートG1としては意外なトレンドです)


以上のトレンドを参考にしつつ印を打つと冒頭の表となるのですが、うーん、なんか須田鷹雄とまんまシンクロしました。ちなみに須田先生は◎ノンコ、〇コパノリッキー、▲サウンドトゥルーなんですが、印を打った馬はみな同じでデニムアンドルビーの分だけ私の買い目が一点多い。しかも馬を選ぶロジックもまんまおんなじで、私と須田先生がここまでシンクロする時って末期悲惨なケースが多いんだよな。

本命にしたノンコノユメなんですが、「関東馬」「当てにならない前年実績馬」「セン馬(去年走った時は牡馬だったんだけどね)」と上記トレンドからスポイルされまくった存在なんだけど、外枠で一番やれそうな馬だし、府中1600mの実績が4-1-1-0と圧倒的と言うのがやはりそそります。そして何より騎手ルメールの高い信頼度。これは凄いよ。


同コース・騎手別集計

順位

騎手

着別度数

勝率

連対率

複勝率

単回値

複回値

単適回値

平均着

平人気

平オッズ

単平均

複平均

2着率

3着率

1

ルメール

21- 11- 11- 35/ 78

26.9%

41.0%

55.1%

101

93

113.1

4.4

3.3人気

7.5

379

170

14.1%

14.1%

2

ムーア

7- 1- 1- 18/ 27

25.9%

29.6%

33.3%

67

55

79.4

5.9

2.9人気

8.4

260

166

3.7%

3.7%

3

武豊

8- 5- 5- 27/ 45

17.8%

28.9%

40.0%

70

71

98.1

5.5

4.2人気

13.8

394

178

11.1%

11.1%

4

戸崎圭太

28- 23- 21-127/199

14.1%

25.6%

36.2%

66

68

67.8

5.5

3.9人気

11.7

474

189

11.6%

10.6%

5

M.デム

5- 4- 2- 26/ 37

13.5%

24.3%

29.7%

102

61

70.6

7.2

3.6人気

8.4

756

206

10.8%

5.4%

6

横山典弘

17- 16- 14- 95/142

12.0%

23.2%

33.1%

55

68

82.1

6.2

5.0人気

15.8

462

207

11.3%

9.9%

7

内田博幸

23- 21- 24-154/222

10.4%

19.8%

30.6%

74

80

95.2

6.7

6.3人気

27.9

717

263

9.5%

10.8%

8

蛯名正義

17- 16- 20-128/181

9.4%

18.2%

29.3%

57

74

78.0

7.2

5.7人気

24.5

612

253

8.8%

11.0%

9

岩田康誠

4- 9- 5- 38/ 56

7.1%

23.2%

32.1%

81

78

53.8

6.6

5.3人気

16.6

1142

243

16.1%

8.9%

10

柴田善臣

8- 14- 14-105/141

5.7%

15.6%

25.5%

28

72

62.0

7.0

7.5人気

52.0

505

284

9.9%

9.9%

11

和田竜二

1- 0- 0- 17/ 18

5.6%

5.6%

5.6%

53

12

119.8

9.8

8.6人気

64.7

970

220

0.0%

0.0%

12

石橋脩

7- 11- 7-112/137

5.1%

13.1%

18.2%

36

49

71.8

8.0

8.2人気

63.1

713

271

8.0%

5.1%

13

津村明秀

0- 2- 7- 34/ 43

0.0%

4.7%

20.9%

0

100

0.0

8.0

9.5人気

93.5

 

478

4.7%

16.3%

14

幸英明

0- 1- 0- 11/ 12

0.0%

8.3%

8.3%

0

11

0.0

9.5

8.3人気

109.2

 

140

8.3%

0.0%

15

藤岡佑介

0- 0- 1- 9/ 10

0.0%

0.0%

10.0%

0

24

0.0

9.3

8.0人気

60.1

 

240

0.0%

10.0%

16

藤岡康太

0- 0- 0- 12/ 12

0.0%

0.0%

0.0%

0

0

0.0

10.4

9.6人気

50.6

   

0.0%

0.0%

集計期間:2014. 2. 1 2017. 2.12
ソート:勝率順

見よ、府中ダート1600mの神ルメールのこの偉業を!勝率27%複勝率55%なんてとんでもないのです。これだけ勝っていながら単回収が100を超えるというのも凄すぎます。これだけこのコースに実績のある人馬が単勝8倍の4番人気だなんておいしすぎると思うのであります。近走府中以外のしかも不向きな距離で結果が残せていない(が大きく負けてもいない)馬がようやく自分のホームに帰ってくるのであります。しかも神様を乗せて。これを買わずにいられようか!

馬券は軸の三連複21点。

流す相手が穏当な人気どころなんで配当はガミには程遠いものの高額配当にも程遠い。なんか夢のある馬券はないかと思って追加したのがデニムアンドルビーですな。

G1未勝利なうえ初ダート、更に「高齢馬」「牝馬」「小兵」と上記トレンドがスポイルする属性をこれでもかと備えている彼女ですし、繁殖入りする前のアリバイ作りにごり押しで出走してきた感じがいかにも無理筋な印象ではあるのですが、低人気も何のその、ジャパンカップや阪神大賞典、宝塚記念と言う極めてグレードの高いレースで二着に飛び込んできたその実績と、母父キンカメと言うその血筋に、実はダートで走っていたら凄かったんじゃないかって夢を見てしまいます。彼女が来ればたちまち10万馬券。ノンコともども頑張れ!!



上海馬券王





○今日の結果

<フェブラリーステークス> @ゴールドドリーム、Aべストウォーリア、Bカフジテイク




○かんべえのつぶやき


――ゴールドドリームは、心臓疾患により昨日死亡した父ゴールドアリュールの弔い合戦に見事勝利しました。くるんだよねえ、こういうの。コパノリッキーも併せて、ゴールドアリュール産駒の2頭が揃って2枠の黒枠に収まっている、というのも出来過ぎている感じでした。ついでもっていうと、「金正男が死んだ」というのも、ゴールドつながりだったんでしょうか。

――馬券王先生のご推奨はノンコノユメ、というよりルメールマジックでした。府中ダート1600mにおけるルメール騎手の強さは本日も健在で、本日の7R(サラ四歳以上)では2着、9R(ヒヤシンスステークス)では1着でありました。これはもう11Rフェブラリーステークスも来るに違いない、と当方もノンコノユメを単勝で買ったのですが、ダメでしたねえ。来たのはデムーロ騎手の方でした。

――それにしても、「2番人気―5番人気―1番人気」の組み合わせって、意外なくらい平穏なレースでありました。私はてっきり、外枠のLエイシンバッケンとかNケイティブレイブあたりがズドーンと来るんじゃないか、などと思い描いていたのですが、それが4着と6着。ノンコノユメが7着。なんだか不完全燃焼ですねえ。

――かくなる上は、来週からの中山開催で張り切ることといたしましょう。花粉症の薬はちゃんと飲んでおりますぞ。


















2016年上半期のレース  2016年下半期のレース


2015年上半期のレース  2015年下半期のレース


2014年上半期のレース  2014年下半期のレース 


2013年上半期のレース  2013年下半期のレース


2012年上半期のレース   2012年下半期のレース


2011年上半期のレース  2011年下半期のレース 


2010年上半期のレース  2010年下半期のレース


2009年上半期のレース  2009年下半期のレース


2008年上半期のレース  2008年下半期のレース


2007年上半期のレース  2007年下半期のレース


2006年上半期のレース  2006年下半期のレース


2005年秋のG1シリーズ  2005年春のG1シリーズ 2005年冬〜春のレース


2004年秋のG1シリーズ 2004年春のG1シリーズ 2004年冬〜春のレース


2003年秋のG1シリーズ 2003年春のG1シリーズ 2003年冬〜春のレース


2002年有馬記念論考 2002年秋のレース




溜池通信トップページへ


by Tatsuhiko Yoshizaki