●上海馬券王のページ


上海馬券王がJRAのレースに寄せる「情熱と冷静の言葉」


2018年 上半期のレース考







2月18日(日) フェブラリー・ステークス

えー、皆さまお久しぶりでございます。早いものでもう2018年最初のG1、フェブラリーSの開幕と言うわけなのであります。本年もよろしくお願いします。

しかし、本当に早えなあ。タイに赴任して4か月、いまだ毎日が事件の連続で、当地に慣れたという感覚が全くない現状でもうG1開幕ですか。なんか、がっくり老け込んだ感じがいたします。

しかも、しかもですよ、本日は将棋の藤井聡太君と、フィギュアの羽生結弦君が凄まじいパフォーマンスを繰り広げてくれたわけで、こういう若い人の活躍を見るともうまぶしくてまぶしくて、タイまで来て競馬にコミットしまくりの私はいったい何なのだろうと思ってしまうわけです。

藤井君は凄かった。準々決勝で佐藤天彦名人、準決勝で羽生竜王、決勝で広瀬八段と言うタイプの全く違う超一流棋士をタコ殴りにしての朝日杯優勝は凄いなんてもんじゃありません。しかも勝ち方がベテラン棋士も真っ青な超渋い差し回しに、4四桂みたいな羽生マジックを彷彿とさせるど派手な着手を織り交ぜる超パーフェクトな勝ち方で、いやあ、本当にあなた中学生ですか。つい先日5段に昇段したと思ったら、本日の優勝で6段昇段と、とんでもないわらしべ長者状態であります。(しかし、こういう面白い棋戦をABEMA・TVが実況中継してくれるなんて、良い時代になったものです。タイでは日本のネットTVはVPNの助けがないと見れないんですけどね)

羽生君も凄かった。あんな大怪我して中二か月であのパフォーマンス。あなた、トウカイテイオーですか。本当に、これはとんでもない勝負根性とメンタルの持ち主です。馬券購入者の感性から言って、今回のオリンピックは怪我と無縁な丈夫な体+無尽蔵のスタミナ=豊富な練習量=上がり目抜群の宇野君が◎認定だったんですが、そんなちんけな競馬親父の発想をいとも簡単に覆してしまいました。脱帽です。メダルには絡めなかったけど、羽生君を上回るパフォーマンスを繰り広げたネイサン・チェンの演技も圧巻だったし、今日は本当にすごいものをたくさん見せていただきました。

いやあ、本当にこういうのを見ると、馬券を買うというモチベーションに陰りが出るよね。本当にタイまで来て私は何をやっているのであろうか。いや、それでも買うんだけけどフェブラリー。



2018 218() 1回東京8日目 16頭 [15:40発走]
【11R】 35回フェブラリーS
4歳以上・オープン・G1(定量)(国際)(指定) ダート1600m

馬名

性齢

替 騎手

斤量

単勝

調教師

1

1

 

ニシケンモノノフ 7 横山典弘

57

87.2

()庄野靖志

1

2

ケイティブレイブ 5 福永祐一

57

15.0

()目野哲也

2

3

 

ノボバカラ 6 *石橋脩

57

206.3

()天間昭一

B2

4

$アウォーディー 8 武豊

57

14.2

()松永幹夫

3

5

 

サウンドトゥルー 8 *ミナリク

57

40.7

()高木登

3

6

 

インカンテーション 8 三浦皇成

57

23.8

()羽月友彦

4

7

 

ララベル 6 真島大輔

55

116.7

[]荒山勝徳

4

8

 

メイショウスミトモ 7 *田辺裕信

57

151.0

()南井克巳

5

9

 

キングズガード 7 藤岡佑介

57

66.4

()寺島良

5

10

テイエムジンソク 6 古川吉洋

57

3.6

()木原一良

6

11

 

ロンドンタウン 5 岩田康誠

57

34.0

()牧田和弥

6

12

ノンコノユメ 6 内田博幸

57

9.4

()加藤征弘

7

13

 

レッツゴードンキ 6 *幸英明

55

33.7

()梅田智之

7

14

ゴールドドリーム 5 ムーア

57

2.5

()平田修

8

15

$ベストウォーリア 8 ルメール

57

33.8

()石坂正

8

16

サンライズノヴァ 4 戸崎圭太

57

7.1

()音無秀孝

買うからには当てたいフェブラリー。と言うわけで、まずは恒例の過去10年トレンドから。いや、この「10年トレンド」も2年くらい続けてるんですが、段々ノウハウが身についてきたというか、馬券的中に寄与し始めてきてるんで、今回期待するところが大なのであります。

フェブラリーS 過去10年の系譜

日付

馬名

性齢

騎手

頭数

馬番

人気

着順

馬場状態

調教師

走破タイム

着差タイム

通過順

上り3F

馬体重

馬体重増減

単勝配当

馬連

馬単

3連複

3連単

170219 ゴールドドリーム 4 M.デム

16

3

2

()平田修

1351

-0.0

   09-08

35.6

520

+4

500

1470

2520

2140

9240

170219 $ベストウォーリア 7 戸崎圭太

16

9

5

*()石坂正

1351

0.0

   08-06

35.7

516

-4

(7.6)

1470

2520

2140

9240

170219 カフジテイク 5 津村明秀

16

10

1

()湯窪幸雄

1352

0.1

   14-16

34.9

486

+2

(4.5)

   

2140

9240

160221 $モーニン 4 M.デム

16

14

2

*()石坂正

1340

-0.2

   04-04

35.2

522

-4

510

680

1510

3820

16010

160221 ノンコノユメ 4 ルメール

16

7

1

()加藤征弘

1342

0.2

   13-12

34.7

454

+2

(2.4)

680

1510

3820

16010

160221 アスカノロマン 5 太宰啓介

16

4

7

()川村禎彦

1342

0.2

   10-09

34.9

524

-2

(18.1)

   

3820

16010

150222 コパノリッキー 5 武豊

16

4

1

()村山明

1363

-0.1

   02-02

36.2

536

-2

210

1570

2100

3060

12370

150222 インカンテーション 5 内田博幸

16

14

5

()羽月友彦

1364

0.1

   04-03

36.2

488

-8

(13.8)

1570

2100

3060

12370

150222 $ベストウォーリア 5 戸崎圭太

16

10

3

()石坂正

1365

0.2

   08-08

36.1

512

+6

(6.4)

   

3060

12370

140223 コパノリッキー 4 田辺裕信

16

13

16

()村山明

1360

-0.1

   02-02

35.3

530

+4

27210

84380

256050

55360

949120

140223 ホッコータルマエ 5 幸英明

16

15

2

()西浦勝一

1361

0.1

   05-05

35.1

506

0

(3.6)

84380

256050

55360

949120

140223 ベルシャザール 6 C.デム

16

11

1

()松田国英

1364

0.4

   12-11

35.1

540

+2

(2.7)

   

55360

949120

130217 グレープブランデー 5 浜中俊

16

2

3

()安田隆行

1351

-0.1

   07-07

35.9

526

-6

670

10330

17580

16150

111130

130217 エスポワールシチー 8 松岡正海

16

6

9

()安達昭夫

1352

0.1

   02-02

36.5

504

+3

(26.3)

10330

17580

16150

111130

130217 ワンダーアキュート 7 和田竜二

16

10

7

()佐藤正雄

1353

0.2

   10-10

35.9

518

0

(9.2)

   

16150

111130

120219 $テスタマッタ 6 岩田康誠

16

16

7

()村山明

1354

-0.3

   13-13

35.7

504

+2

2430

10510

26210

15530

141910

120219 シルクフォーチュン 6 藤岡康太

16

3

4

()藤沢則雄

1357

0.3

   15-15

35.7

470

0

(14.6)

10510

26210

15530

141910

120219 ワンダーアキュート 6 和田竜二

16

10

2

()佐藤正雄

1358

0.4

   08-08

36.4

520

+12

(5.7)

   

15530

141910

110220 トランセンド 5 藤田伸二

16

12

1

()安田隆行

1364

-0.2

   01-01

36.3

514

+2

350

1100

2040

3200

12240

110220 フリオーソ 7 M.デム

16

13

3

[]川島正行

1366

0.2

   12-11

35.7

506

-1

(5.5)

1100

2040

3200

12240

110220 バーディバーディ 4 池添謙一

16

5

4

()池江泰郎

1366

0.2

   06-05

36.0

488

+6

(7.3)

   

3200

12240

100221 エスポワールシチー 5 佐藤哲三

16

4

1

()安達昭夫

1349

-0.4

   02-02

35.6

498

-4

170

890

1190

1160

4190

100221 $テスタマッタ 4 岩田康誠

16

3

5

()村山明

1353

0.4

   07-07

35.5

482

0

(13.0)

890

1190

1160

4190

100221 サクセスブロッケン 5 内田博幸

16

6

2

()藤原英昭

1359

1.0

   05-03

36.5

532

+11

(6.4)

   

1160

4190

090222 サクセスブロッケン 4 内田博幸

16

15

6

()藤原英昭

1346

-0.0

   02-03

35.4

522

+7

2060

4710

14070

5730

57720

090222 $カジノドライヴ 4 安藤勝己

16

14

3

()藤沢和雄

1346

0.0

   02-02

35.6

518

+10

(5.0)

4710

14070

5730

57720

090222 カネヒキリ 7 ルメール

16

2

1

()角居勝彦

1346

0.0

   04-04

35.3

530

-3

(2.7)

   

5730

57720

080224 ヴァーミリアン 6 武豊

16

15

1

()石坂正

1353

-0.3

   05-03

35.9

520

+7

240

2820

3520

3820

17550

080224 ブルーコンコルド 8 幸英明

16

10

7

()服部利之

1356

0.3

   04-03

36.2

508

+1

(19.4)

2820

3520

3820

17550

080224 ワイルドワンダー 6 岩田康誠

16

16

3

*()久保田貴

1359

0.6

   08-07

36.3

452

+4

(5.1)

   

3820

17550

集計期間:2008. 2.24 2017. 2.19

@1番人気は4−1−3−2と極めて優秀。

A2番人気は2−1−2−5、3番人気は0−2−2−6と1番人気からは大きく見劣るが、さりとて無視もできない成績。

B極端な人気薄は14年一着の殿人気コパノリッキーが来たのみで、他は常識の範疇。結果12年〜14年を除く配当は極めて穏健。

C脚質は先行有利。ただし近年は差し、追い込みもあり。逃げ馬だけは11年のトランセンド以外全く来ていない。

D枠順に大きな偏りなし。大外でも来る。

E過去10年馬券に絡んだ馬の年齢別構成は、4歳馬8、5歳馬10、6歳馬6、7歳馬4、8歳馬2と、高齢者天国のイメージがあるダート戦にしては、えらく若者が強い世界。基本爺は用なし。

F府中開催だというのに関西馬天国。過去馬券に絡んだ関東馬はわずか3。

G外国人ジョッキーは30頭中6頭と、そこそこだけど、他のG1ほど外国人が無双状態ではない。


と言うわけで、軸は人気でも去年の覇者ゴールドドリーム。府中の実績が3−1−0−0、しかもジョッキーがムーアとあっては、これに逆らうのは難しいですな。

対抗には、圧倒的なパフォーマンスを繰り広げるテイエムジンソクと言いたいところですが、@G1になると勝ちきれない、A府中コースも1600mも未経験、B騎手の古川が20年以上G1勝ちに縁がなく、あまつさえ府中のダートで馬券に絡んだ実績がない。ということから人気に比べリスクが大きすぎると考え評価を下げます。特にBが不吉ですね。いくら関西所属の中堅ジョッキーで府中での騎乗機会が少ないと言っても、20年以上この業界にいていまだに府中ダートで馬券に絡んでいないというのでは、軸にはしづらいです。

ということで、変わっての対抗指名は4歳馬サンライズノヴァ。府中実績3−1−0−1(特にユニコーンSは本日のネイサン・チェンなみの圧倒的パフォーマンス)、外枠実績1−0−1−1というのは勝つまであるでしょう。騎手が戸崎と言うのも極めて吉。

馬券は◎←→〇▲←→他の3連単28点。上位人気主体の馬券の割には結構つきます。


将棋のプロ棋士がカーリングやったら金メダルも夢じゃないと考えている  上海馬券王




○今日の結果

<フェブラリー・ステークス> @ノンコノユメ、Aゴールドドリーム、Bインカンネーション




○かんべえのつぶやき


――昨日はフィギュアで羽生選手が金連覇だったから、今日はゴールドドリームが来るんじゃないかと1番人気でしたけど、それを上回ったのは「夢」でした。ノンコノユメに騎乗していたのは内田騎手。昨日のテレビ東京「ウィンニグ競馬」でG1勝ちたい!と言っていたのが実を結びました。ああ、よかったね。あたしゃサンライズノヴァで戸崎騎手から買っちゃったよ。orz。

――最近はG1レースで日本人騎手が勝つのはめずらしいこと。こういう形の「ユメ」が来るとは思っても見ませんでした。いや、畏れ入りました。ユメはドリームに勝る。それが本日の結論ということで。










2017年上半期のレース  2017年下半期のレース


2016年上半期のレース  2016年下半期のレース


2015年上半期のレース  2015年下半期のレース


2014年上半期のレース  2014年下半期のレース 


2013年上半期のレース  2013年下半期のレース


2012年上半期のレース   2012年下半期のレース


2011年上半期のレース  2011年下半期のレース 


2010年上半期のレース  2010年下半期のレース


2009年上半期のレース  2009年下半期のレース


2008年上半期のレース  2008年下半期のレース


2007年上半期のレース  2007年下半期のレース


2006年上半期のレース  2006年下半期のレース


2005年秋のG1シリーズ  2005年春のG1シリーズ 2005年冬〜春のレース


2004年秋のG1シリーズ 2004年春のG1シリーズ 2004年冬〜春のレース


2003年秋のG1シリーズ 2003年春のG1シリーズ 2003年冬〜春のレース


2002年有馬記念論考 2002年秋のレース




溜池通信トップページへ


by Tatsuhiko Yoshizaki